2016年10月16日日曜日

こんな人にお勧めです。

これから冬がやってくる。

冬のコートは、だいたい一通り持っている。

綿の軽めの裏付きコート。

防寒のダウン。

おしゃれなWOOLのコート。

セーターも結構充実している。

ニットのローブやガウン。

定番型のセーターはカシミア、シェットランド、キャメル。

デザインの主張したもの。

ボトムスもまぁまぁある。

通年履いているコットンパンツ。

ちょっと寒くなったら履くWOOLのパンツとスカート。


なんとなく、一通りあるようだが、、

今時期、または春先に必ず着るものに困る。

そんな人にお勧めです。





















evam eva

ざっくりリネンロングコート ¥38,000(税抜)

ベージュ

極端に太さの違う糸で織りあげることで、

凹凸のある、ざっくりとした表情の生地に仕上がっています。





















ざっくりとしながらも、やわらかく、肌なじみはいい。

正式なカラー名が、「シルバーセイジ」。

つまり、「グレーイッシュなみどり味のあるベージュ」ということ。

シルバーセイジはわかりずらいのでベージュとします。





















こちらは「スミ」というお色。

ただ、僕も含め、ほとんどのお客様が、

「ネイビー」と言います。

僕も展示会で初めて見たときの印象はネイビーでした。

ただ、、ネイビーと並べてみると、

「あーー、スミクロか。。」というような微妙ないい色です。




















青みの強いスミクロは、とてもやわらかい印象で、

とっつきやすい。

ざっくりとしたリネン100%の上質なコート。

いつ着るの?

一見そうも思える風体だが、まさに今のような時期に活躍します。

今は、まだ日中は20度以上ある日がほとんどなので、

WOOL のセーターは、まだなかなか手が伸びない。

かといって、コットンのTシャツやブラウス、コットンニットだけでは、

ちょっと心もとない。

上に羽織るカーディガンは、ほとんどWOOLの暖かそうなものばかり。

でも、コットンの春っぽいカーディガンは着たくない。

そんな時にこれがあったら、きっと毎日着ることでしょう。

そう、いつ着たらいいかわからないお洋服ほど、

端境期の微妙なワードローブの隙間を埋めてくれる。





















今回、サイズ展開を②だけに絞ってみた。

それは、単なる我々の主観的な感覚ではあるが。















単純に、展示会で妻に試着してもらい、

妻より大きなスタッフの方に着てもらい、

どちらも②を着たときのほうが好きだったから。

それも全員一致で。















今はまだ、コットンの長袖Tシャツがインナーで

良いかもしれません。

だんだん、暖かくしていきましょう。















インナーに、ゴーシュのハイランドニットのセーターは、

余裕をもって着ていただけます。















ざっくりとして、シンプルなデザインのコートは、

なんだか、着すぎてボロになっても手放しそうにない。















新品にして、古いものが持つ、独特の良い佇まいを感じます。















これで巻物を巻けば、12月は大丈夫。

人によっては、これ一枚ワードローブに加わっただけで、

とても、スタイリングの幅が広がることでしょう。


そろそろコートやセーターを考える季節。

ワードローブを見直してみてください。


0 件のコメント:

コメントを投稿