2016年9月1日木曜日

風と共に、

大人のカジュアル服において、

デザイン力の重要性はかなり高い。

一見した面白さを感じるお洋服は、

もはや、ファストファッションで事足りてしまっている現在。

だから、素材やデザインディテールやスタイリングイメージなど、

デザイナー個人の頭の中にあるこだわりが形になったお洋服は、

僕にとっても、きっと来てくださるお客様にとっても素敵に映る。

それは、「売れる」「売れない」という価値判断を

無視したところから生まれ、そのデザイナーにしかない

プロセスを踏んで、誕生した洋服だから。

素敵なワンピースのご紹介です。





















susuri

ヘムレンワンピース

white ¥30,000 + tax

ヘムレンとは、気が付いた方もいらっしゃるかもしれませんが、

ムーミンに登場する、ヘムレンさんからとった名前。

当然、ヘムレンさんをイメージしている。





















スミクロ

こうやってみると、良くありそうなシャツワンピースに

見えてしまうかもしれない。
















背面は、susuri 得意の細かい分量間のあるギャザーと、

妙に細長い襟吊。。もはや、susuri のアイコン的デザインだ。

だが、、今回面白いと思ったのは、ここではない。






















このワンピースの面白さは、

背面全体に宿る。





















正面からは、とてもシンプルなシャツワンピース。

素材がやわらかく、しなやかさを感じる反面、

しっかりと打ち込みのある生地でもあるためか、

一重だが、白でも透けはあまり気にならない。

塩縮させた生地であるため、表面は少しボコボコと
した波を打ち、ところどころ筋が入った感じも特徴的。















長袖の白のワンピースの中では、なんとなく、、

日常使いしやすい印象を受けた。















注目の背中。

なにかふくらみがあるのがわかるだろうか。

しかもこのふくらみ事態に、動きがある。















どう動くと、どうなるかに決まりまないが、

ふくらみが下に偏ったり、上に偏ったりする。

少し、へこんで、、下にドレープすることもある。


susuri デザイナーの斎藤 龍也 さんは、ヘムレンの

あの少しかわいらしさもある、横から見たときのAラインを、

どう表現しようか考えたのでしょう。















その結果、このようになったのだろうが、、

見れば見るほど面白い。

子供が砂遊びで作る砂の山のような背中のデザインなのだ。















豪快にワイドパンツに合わせてもかっこいい。















長い羽織物としても活躍してくれる。















ヘムレンさんの独特な横姿に魅了され、こだわって

デザインされたワンピースは、、

正面からは、一見シンプルな佇まい。

その強烈なデザインは、風と共に現れる。







































立体でとらえると、こんな形。

この立体型が、必然ならもちろん、

偶然であっても、それは才能なのだと思います。

いつも、いつも、このワンピースのデザインについて、

頭の中で考え続けなければ生まれない面白さがある。

そのプロセスが、デザイナーそれぞれの癖になり、

「らしさ」のようなものになるのでしょう。

それを感じるものに価値を見出すのは、

バイヤーの大切な仕事の一つだと思います。



0 件のコメント:

コメントを投稿