2016年8月18日木曜日

秋のおしゃれはズボンから

以前もお話したのですが、

僕は、シーズンの立ち上がりに必ず

ボトムスから買い始めます。

その癖はとてもかたくなで、、

気に入ったボトムスに出会えなかったら、

トップスも買わずに、シーズンを終えることもあるほどだ。

最近は、展示会で必ず気に入ったボトムスを

いくつかオーダーするので、出会わないことはないのだが。

気分を表現するのに、ボトムスは最も有効なのでしょう。

今シーズンの気分は、ざっくりと言葉に表すと、

「太め、スタイリッシュ」

太めなシルエットで、印象はきれい目に。。

今日は、アナベルのスタイリングには絶対に不可欠な存在。

TRAVAIL MANUEL のボトムスです。






















TRAVAIL MANUEL

2タックワイドパンツ ¥13,000+ tax

beige

おそらく、アナベル店内でも最も太いワイドパンツ。

















微起毛したタッチは、秋口から冬にかけて、

長く着用できる。






















Dark olive
















高密度なウェザークロスは、しなやかながら、

少し張りのある、いかにも丈夫そうな素材感。
















まだ暑い日々。

トップスにはevam eva の長袖リネンニット。

シンプルで大人っぽい、モノトーンの使い方。
















あまりの太さに戸惑う人もいた、1年半前。。

今ではすっかり人気者。
















ワイドパンツにロングの羽織。

こちらはダークオリーブ。






















ダーク系に合わせやすい、

こちらもおすすめのカラーです。
















独特なシルエットのsusuri のシャツワンピースが

とてもとても素敵です。

羽織としても活躍しそう。






















そしておなじみのコレ。

Travail Manuel

コットンバルーンパンツ ¥12,000 + tax

もう4年目の販売。

「デザイン的特徴があったほうが飽きない」

そんなものの代表作です。
















こんなにも特徴的なのに、、、

ないと困るくらいに合わせやすい。
















こちらは、カーキ。
















いろいろな靴に合わせやすい。

スニーカーで軽快に。
















こちらは、ベージュです。
















ざぶざぶ洗えるおしゃれなパンツ。

それがTRAVAIL MANUEL のパンツの素敵なところ。
















ダークネイビーは少しきれい目にスタイリング。
















susuri の新作ブラウスでお出かけ仕様。

とにかく、バランスがとりやすい。

靴を選ばない。


秋のおしゃれはズボンから。

ほかにもたくさん入荷しています。

秋冬の気分を探しにいらしてください。



0 件のコメント:

コメントを投稿