2015年10月8日木曜日

理想空想

理想は常に常に常に、

空想していないと実現しない。

こんな部屋で生活したい。。

こんな洋服が着てみたい。。

空想の世界はいつも光が注ぎ、

キラキラして。

モノには決まった置き場所があって、、

少し散らかってもすぐにきれいになる。

目に触れるものすべてがお気に入り。

そんな部屋にはきっと、

こんなローブがかかっている。





















evam eva(vie)

コットンヤク ローブカーディガン

ベージュ ¥26,000(税抜)
















心地よいコットンに、ヤクの毛が入る。

高山に住むヤクの毛は、カシミアのようにしっとりとした

肌触りで温かい。





















チャコール

部屋の片隅に素敵なフックを

2つくらい打ち付けて。。

そこには季節ごとにお気に入りが掛かっている。
















薄めのスミ黒のようなチャコールグレー。

ブランドのカラー名は、「ノースシー」。

北の海でしょうか。。




















スミクロ

やや青みを帯びたスミクロは、

ミッドナイトブルーのような深く優しい色。

ブランドのカラー名は「スミ」。
















見返しをふらしただけのような、、

単純で明快なデザインは、

一重のローブを布帛で仕立てる難しさを

クスっと、、笑顔で超えていくような軽快さ。















ワイドパンツにベルベットシューズでお出かけ風。。





















全体をモノトーンで統一して、スミクロ。















スニーカーでカジュアルな装いにも。





















きっと何を着ていても、

品のある大人の装いへと導いてくれる。















今までかけてあったお気に入りの麦わら帽子は、

大きな丸箱にしまって、棚の上にあげておこう。





















代わりにお気に入りの羽織りものと、

お気に入りの巻物を垂らしておこう。


理想的な空間と装いは、、

きっと皆さまの生活をプラスに導きます。

しつこく楽しく理想を空想してみてください。

きっと、ディテール、、

細部が重要だということに気が付きます。

デザインは、ボヤっとした空想では形になりません。

ここはどうするの?

これはどうなるの?

すべてのパズルがはまった時、

その空想は実現へと向かって歩みだします。

このローブカーデのデザインは、

そんな意味で、大好きです。



0 件のコメント:

コメントを投稿