2015年10月31日土曜日

以外にも変身願望が強いのか。。

連日のハロウィン関連のニュースを見て思う。

ファッションの原動力にも、やはりそれは肝心だ。

自身の生活環境から、少しだけ特別なものを

手にして使うことの楽しさ。

いつもと少しだけ違う洋服に身を委ねてみるのも良い。

少しだけ「雅(みやび)」な気分で立冬を迎えよう。






















Honnete

ベルベット ボートネックブラウス

\25,000(税抜)

少しゴージャスにも感じるベルベット。。

アナベルでは、相変わらず、

「気負わず」、「いつも通り」、「らしく」、

を心がけて、提案したい。






















Honnete

ベルベット ボートネックチュニックブラウス

¥29,000(税抜)

いつも通り、パンツスタイルを中心に

楽しんでほしい。

今回のベルベットも、

起毛素材、、、ベルベットやビロード、コーデュロイ

などの製造では、世界屈指の実力を持ち、

名だたるデザイナーの要望にも応え続けてきた、、

英国の名門「Brisbane moss(ブリスベンモス社)」

によるものだ。。

いいに決まっている。

130年にわたり、世界の変人デザイナーを

満足させてきたファブリックメーカーだ。






















Honnete

ベルベットショールカラーコート

¥45,000(税抜)

前回はWOOL素材で別注して、

ご好評をいただいたこのコート。

今シーズンは、ベルベットのみの展開です。






















Honnete

ベルベットショールカラージャケット

コートを短くしたようなデザイン。

Honnete では、春夏通じて人気のあるデザイン。


少し前から店頭では販売してきたベルベット。

ようやく気候が追いついてきたような気配。

来週はいよいよ、立冬です。

はたして妻は、いつもより少しだけ「雅」に、

ベルベットを着られるのか。。

今日は、ブラウスとロングチュニックの

ご紹介です。
















今シーズンいよいよ購入した、

秋冬のバルーンパンツに合わせてcoffee。

インナーにはFACTORY のバンブーウール。


ストールをくるっと。。






















ベルベッティーニ であれば、、

日中はこれでもまだ十分なのだが、

夜はそうもいかない。
















WOOL のコートを着てみる。
















そのまま、PETROL に色を変えてみる。
















光沢を備えた衣服に見える陰影が、、

なんとも秋らしく、美しい。
















また、WOOL のコートを着てみよう。






















いつも履いてるARTEPORVERAの

加工チノに合わせて、NAVY。

インナーはFACTORY のバンブーウール、

スミクロ。
















ざっくりとしたニットカーディガンを羽織る。。


 同じくARTEPORVERA のチノパンを

いつもより少し多めにロールアップして

ロングソックス。






















パンツは、色を迷わずとも。


soil の大判ストールを肩からバサッと。






















今ならコートを着なくてもいいのかも。。

特に日中の行動がメインの人は。

















自分のバルーンパンツに合わせてcoffee。
















Travail Manuel のバルーンと相性が良いらしい。






















ローゲージのニットジレを羽織る。
















ブラックは、真っ黒でコーディネート。。してみた。






















ボトムスは、これから入荷する

FACTORY のバンブーウールの

サルエルパンツ。

夏に大人気なサルエルの冬版です。
















チェックのストールを足すことで、

シックながらも大人っぽいカジュアル感が。






















アナベルのフィルターを通した、

Honnete ベルベットの「雅」なスタイリングです。


ファッションだから、、

優雅よりは、風雅に。

立冬を迎えましょう。



0 件のコメント:

コメントを投稿