2015年10月15日木曜日

そのコツ

何にでもコツはある。

物事のポイントを的確におさえるのは、

とても重要なことなのだろう。

きっとクローゼットの内容にも、

おしゃれに近づくためのポイントはあるはずだ。

よくお店で聞かれることの一つに、、

「こういう羽織ものを着たら、上に何を着るの?」

つまり、

ゆったりした羽織りもの全般だ。

ゆったりした羽織の上には、

ゆったりしたアウターやコートが望ましいが、、

僕の中の大正解は、、

「上に着ることをあまり考えすぎない。」

「着たい!という気持ちを優先。」

「汎用性がなくてもお気に入りは出番が多い。」


上から着るものをかなり限定される、

羽織りもののご紹介です。






















Travail Manuel

ウールリネン接結ガーゼショールカーディガン

¥14,000(税抜)

ナチュラル






















ウールとリネンに、強度を出すための

ナイロンが混紡された、しっとりと優しい

風合いの生地。






















ライトグレー

袖は、少し長めなので軽くまくっている。























裏側の白い部分は、接結でくっついた、

コットンのガーゼ部分。

裏地ではなく、これで一枚の生地だ。






















チャコールグレー

ピンなどは付属しないが、

お持ちのもので止めても素敵でしょう。

















接結で、厚みが出すぎないように、

言われないと気が付かないような別布で、

見返しを切り替えている。

襟周りの柔らかい印象はこの仕様によって生まれてくる。
















上に着れるものを気にする前に、

下にどんなものを着て、いつからいつまで

着られるかを少し考えてみてはどうだろう。
















ボトムスは同じTravail Manuel のバルーンパンツ。

インナーはゴーシュのチェビオットセーター。

たぶん今の時期はまだ暑いでしょう。
















ストールを巻いたり、下に着るものを調整して、

12月上旬までは、これをアウターにして十分楽しめる。






















とても軽いので、出先での脱ぎ着も

嫌にはならない。
















コットンの長袖T-シャツくらいの上から始めればいい。

今はそんな季節。

少しづつ中を温かくすればいい。






















アナベルのユニフォーム、

ARTEPORVERA の加工チノにもよく似合う。






















内側がコットン100%なので、

表がウールだけどチクチクしない。。

半そでの上からでも着られる、

ウールのカーディガンだ。

暑がりで日中の行動がメインの人にとっては、

かなり活躍するアウターになるかもしれない。
















使い勝手も大事だけど、、

何よりふわふわして気持ちよくて、かわいい。
















アオドレスの素敵なパッチワークスカートに。。






















スカート、バルーンパンツ、チノパン、、

思った以上にボトムスは選ばない。
















この上に何を着るかを考えないで、、

これを一番上にたくさん着て、

年を越してコートで防寒するような季節は、

お部屋で着ても素敵です。

気持ちいいし。
















いつも椅子の背もたれにかけてありそう。。


春夏のゆったりした羽織は、みなさん、

何の躊躇もなく、気に入ったら購入するようです。

春は上に着ませんからね。

春夏の裏付きのジャケットなどは、、

気に入っても購入しない人が大勢います。

「すぐに着なくなる。」と思うのでしょう。


でも、おしゃれな人ほどそういう洋服でお気に入りを

必ず揃えてます。























こういう洋服を選ぶときは、、

欲張りすぎないこと。


10月は長袖T-シャツの上から着て、

秋冬感を醸し出し、、

朝晩と日中の寒暖の差を埋めてくれる。

さらに寒くなった11月、

中に薄手のウールのニットを着ればいい。

電車では巻物をとって、、

外の寒風では、ストールを巻けばいい。

みんながコートを確実に着はじめる12月初旬。

薄手のニットを紡毛のセーターに変えればいい。

ゆったりしているから、全く着ぶくれはしない。。

巻物も紡毛にすればいい。

さすがに寒い、クリスマス前。。

着るのをやめればいい。

部屋の中で使う人は使えばいい。


それで十分かな。。





0 件のコメント:

コメントを投稿