2015年5月15日金曜日

考えないドレス

最近、うれしいことに、、

お洋服に関するお問い合わせを

多数いただくようになった。

なかでも、

「Honnete」、「Travail Manuel」に並び、

やはり、「ゴ―-シュ」に関するお問い合わせは多い。

「ゴーシュのお洋服に、以前から興味がある。

ワンピースをまず買おうと思うが、どれがお勧めか?」

これが、最も多い質問かもしれない。

初めてゴーシュのワンピースを購入しようと

考えているお客様には、まずこれをお勧めする。






















ゴ――シュ

リネンコットンカディタントップドレス

グレー ¥30,000(税抜)






















毎回、生地や色は変わるのだが、

今回ご紹介するのは、リネンコットンのカディー。

手紬、手織りです。

薄いグレーをベースに、ネイビーとレッドの

細い、細いストライプ。

少し離れると無地にも見えるような、、。

そして、この生地を染めた、、






















グリーン






















とても元気のいいグリーン。

よーーく見ると、基布であるストライプが見えてくる。

カディーコットンの交織であるため、

ところどころにネップが入る。






















ブラウン

深く、赤みの強いブラウンは、

見たこともないほど発色のいいブラウン。

夏に大人が纏うのにふさわしい。
















もはや、アナベルの夏の定番スタイル。

ゴーシュのタンクトップドレス。

sashiki のラフィアの帽子。

ARCOPEDICO のサンダル。

MUUN のかごバッグ。

一つ一つが洗練された、

仰々しくない、自然に夏を過ごせる大人のスタイル。
















上からコットンのカーディガンを。






















トップスは、タンクトップドレスと言うだけあって、

とてもスッキリとしている。
















ウェストの辺りから、ボリュームを感じるが、

見た目にふくらみが出るわけでもなく美しい。
















コットンの心地いい裏地も付き、

ポケットもある。
















グレーは少しだけ、個性的に。
















上から、ao の藍染めのカシュクールチュニックを羽織り、

sashiki の麦わら帽子。

MUUN の市松模様の丸かごに、R.U. のAnon 。
















上がスッキリしているので、ブラウスなどの

重ね着も容易です。

スカートだと思ってスタイリングをお楽しみください。
















こんな風に麻のサマーニットを着たり。。
















ショールをかけたり。。
















半袖のT-シャツを着てみたり。
















こちらは、昨年のモノですが、

上からニットを着て、さらに
















麻のジャケットに巻物で重ね着してみたり。






















こちらも昨年のモノですが、、

時にはブラウスでややキレイ目に。


難しいことを考えずに、

幅広く、長い季節で活躍するこのワンピースは、

初めてゴーシュのワンピースが欲しいというお客様に、

必ずお勧めしているワンピースです。


今シーズンのペルーコットン素材も、

グレー、サックスが多少ございます。

リネンコットンカディーとともに、

ぜひご検討ください。


<お知らせ>

お問い合わせをいただいておりました、

Travail Manuel のリネンのバルーンパンツが

新型の2タックキュロットとともに入荷いたしました。

が、、バルーンパンツの片方のお色のSサイズが、

早くもいったん完売してしまいました。

現在、メーカーに在庫確認中です。


また、ARTEPORVERA の定番のリネンキュロットも

入荷いたしました。


さらに、一部のお客様から何度もお問い合わせを

いただいておりました、annabelle 別注の

orslow ビリージーンも入荷しました。

US NAVY のネップデニムワンウォッシュと

同素材のブリーチデニム。

年間定番で履いていただける素材です。


FABRIQUE の半袖T-シャツは、

丸首の無地とボーダーが入荷しました。


複数のお問い合わせをいただいておりました

商品に関して、入荷のご案内でした。

よろしくお願いいたします。







0 件のコメント:

コメントを投稿