2015年2月21日土曜日

いとしのコエリ‐

初めて展示会でお会いした時から、

妙に襟について熱く語るお二人でした。

彼らの洋服は、全体的に少し妙なのだが、

ならしてみて、、とてもシュールでかっこいい。

そのポイントになるのが、襟ぐりなのだろう。

バンドカラーのもの、カットソー、襟付きのシャツ。

どれをとっても、その襟ぐりはとても個性的だ。






















no control air 

コットンキュプラブラウス

ピンストライプ ¥18,500(税抜)






















少し前にご紹介した、丸首シャツの

襟付き版です。

















とても小さな襟が抜群の存在感を放っている。

そして、バンドカラーと同じく、釦の間隔が妙。。

シャツの前ボタンは、ガバーっと開けるものではない、

という美意識が彼らにはある。

「一番上まで留めた時に、最高にかっこ良くなるように、

デザインして、パターンをひいてます。」って、

妙に熱く語っていた。

もしかしたら、、、

確認してないが、、

このすごくトップボタンに近い第二ボタンは、

「開けてもここまで」

の合図なのかもしれない。






















ホワイト

ただ、おもしろいのは、

丸首と同じく、後ろ身頃と袖付けは

完全にジャケットの仕様になっているため、

羽織るように全部開けるのは意外と

いいのかもしれない。






















前に振った袖には、肘のあたりに

ダーツが入る。
















シュールな感じで自然体で、、というリクエストに

全力で答えている妻です。






















スリップオンに細身のパンツで

メンズライクに。

あれだけの身幅だが、細身のパンツにも

不思議と良く似合う。
















もちろん、こんな太身のバルーンパンツに

合わせてもかっこいい。






















こちらは、ホワイト。

ちょっとシルキーないいホワイトです。






















丈の長さも絶妙なのです。
















ヒップ周りにボリュームがくるボトムスでも、

バランスの取れるちょうどいい長さ。。






















パンツスタイルの多い人は、

色違い、柄違い、素材違い、

そして襟違いで持っていて、

とても重宝するシャツではないでしょうか。

















この第二ボタンを見ていると、

初めての展示会で、デザイナーの米永さんが

お話ししていた、

「襟ぐりが小さいけど女性らしい。」

「それがこの襟の特徴です。」

その少し後ろで、奥様が

「できたら一番上まで留めたほうが、、」

その顔は、「できたら」という顔には見えなかったが。

彼等にとって、この小さな襟は、


いとしのコエリ。



0 件のコメント:

コメントを投稿