2014年8月28日木曜日

創造をたのしむ季節

暑い日が続く秋は、

創造を楽しむ季節です。

この秋はどんなお洋服をどう着ようかな?

妻もようやく夏休みボケから回復してきました。

マーヴェラスでクレバーなゴーシュの丸首シャツ。。






















ゴーシュというブランドの素晴らしさが、

「着心地がいい」という側面で最もわかりやすい

のが、シャツだろうと思います。

ゴーーシュ 丸首シャツ ¥18,000(税抜)

ホワイト

素材は、いつものようにフワフワのカディーコットン。

着たい時に着られる、いい意味で季節感のないお洋服。






















僕らはお店で、「シャツ」と「ブラウス」を使い分けます。

前職のクセみたいなものです。

たまにお客様から聞かれます。

「何が違うの?」

違いは、デザインではなく、仕様と縫製です。

大雑把なシャツの定義は、

「剣ボロ付きのカフスが袖口にあること」

「身頃脇、アームホールを三巻、織り伏せで縫っていること」

このふたつがあてはまったら、シャツです。

工場も分業されていることがほとんどです。

ブラウス工場でシャツは縫えません。






















こちらは、レディースのお洋服ではあまり見かけない、

ベージュがかった、ストーングレーのようなお色です。

かなりおしゃれです。






















後ろは、きれいなしずく型のデザインに。

キュッとしまった丸首にちょうどいい女性らしさ。

ストライプとグレーブルーは完売してしまいました。

それぞれ、着てもらいます。
















真っ赤なフレアースカートにタックイン。

ゴーシュのブラウスはタックインに適しています。

腕を上に持ち上げた時、裾が上に持ち上がって、、

「あーーーー!」ってなりませんか?

ゴーシュのシャツは、それをほとんど感じません。

その秀逸なパターンメイキングもこのブランドの楽しみの一つです。

通称、「ばんざいパターン」と呼んでいます。
















シンプルなアイテムで色使いを楽しみます。
















シャツを一枚で着る季節はすごく長い。

自分に似合うお気に入りは何枚あってもいいくらい。






















後ろがとっても素敵です。






















見た瞬間に妻がときめいたこのかばん。

力織機で織ったやわらかく丈夫なキャンバス素材。

それが無双仕立てで2重になり、どちらでも好きな色の

ほうをお使いいただけます。リバーシブルです。
















今シーズン一押しのシンプルカーデは、

FACTORY のバンブーウール素材。

大人っぽくもかわいらしい色使いのコーディネート。
















そして、かっこいいストーングレー。

こちらは、アナベルではユニフォームと呼ぶくらい

おなじみの、ARTEPORVERAのチノパンに。
















同系色でまとめて、ayame ソックスでちょっと色を加えます。






















こんなスタイリングの時は、

可愛らしく色使いのきれいなこのかばんが、

とてもよく似合います。


しばらくは綿素材1枚の季節が続きますが、

何をどう着るか?

創造を楽しんでみてください。



0 件のコメント:

コメントを投稿