2014年8月17日日曜日

秋冬の展示会では、

「かわいい」より、

「かっこいい」をたくさん口にしていた。

たぶん、ダブルとか、、

前打ち合わせの深いものとか、、

そんなデザインのものに惹かれていたのだろう。

そんなデザイン、一つ目です。






















maison de soil カシュクールワンピースコート

¥32,000(税抜)

一番の特徴は、

羽織れるワンピースであること。






















ワンピースとして着る時は、

内掛けをして、カシュクールワンピースで。






















タッセルは、ブランドの象徴的なデザイン。
















夏から秋へ、、、
















ARTEPORVERA のチノパンにブラウス。

シンプルなコーディネートに羽織ってみよう。

やわらかいトレンチコートを着ているみたい。
















身長はあまり関係ないのかもしれない。

10cm以上身長差のある二人に、

同じものを着てもらう。

変えているのは、ズボンのロールアップの回数。






















秋が深まってきたら、

同じ素材の大判ストールをかけてみよう。
















ずいぶん秋ですね。






















ポケットもあるから、羽織りコートとして、

きっと使いやすいはず。






















カシュクールワンピースで冬の準備。

この上に何を着ようか?

この下にタートルもかっこいい。

何色がいいかな?

上に着始めたら、ブーツを履きたくなる。






















このワンピースには、裏地がある。

秋冬だから当たり前かもしれないけど、

驚くことに、maison de soil 初の裏地付き。

ごくごく薄い、やわらかいコットンの裏地。

この柄もちょっと変わってる。

最初は円みたいにしか見えなかったけど、

じーーっと見ているうちに、

花モチーフみたいな、メゾン・ド・ソイルお得意の

ブロックプリントが手をつないだその先に、

輪が広がっているようにも見えてくる。

初めて裏地をつけた秋、、

個性的だけど、輪が広がるといいですね。





0 件のコメント:

コメントを投稿