2013年3月30日土曜日

貧しい芸術

アナベルの二人は、基本的にUSED加工や

リメイクの商品は苦手。

実は、今まで買ったことがない。

わざとらしいものが多いのが苦手な理由だが、

たまに、「いいな、、、」と思っても

たいてい、アホみたいに高い値段だったりする。



6年前、仕事で松本市のセレクトショップを

訪れた際、あるブランドと出会った。

古いテントや軍モノを混ぜ合わせてリメイクしたワンピースだ。

普段なら見向きもしないのだが、

なぜかこれには惹かれるものがあり、買って帰った。

それがこのブランド。























Arte povera(アルテポーヴェラ)。

イタリア語で「貧しい芸術」という意味。

こちらはグレー。






















相当の数の古着を目にして、なおかつ

自分自身が新品からボロボロになるまで

修理し続けて履いた経験がないと

ここまで完成度の高い加工はできない。

すべて1点づつ手作業であるため、

ハギの位置や大きさなどはすべて違う。






















カーキベージュ。






















ネイビー。






















丈はクロップドで、裾にも加工が入る。






















わざとらしくない。






















オリーブグリーン。






















履きすぎてこすれる位置は、経糸がぼろぼろと

抜け落ちて、たしかにこんな感じになる。






















ポケットを何度も修理した感じ。

加工技術は見た通り素晴らしいのだが、

このチノパンは、履き心地が抜群だ。

ユニセックスで、XS~Lまでつくっている。

ちなみに僕はさっそくSサイズを着用している。


アナベルで今シーズンからお取り扱いがスタートした

「Artepovera」(アルテポーヴェラ)。

加工モノが苦手な二人が気に入った加工チノ。

















加工クロップドチノ ¥19,950(税込)




1960年代後半、イタリアの若手アーティストが中心になり

巻き起こした芸術運動。

その名も「Artepovera」。

常識的な道具や画材の一切を放棄し、

誰にでも手に入る「そこにあるもの」を

そのまま使うことでアートを生み出した。

前衛的な彼らの活動精神は、

今のファションシーンに足らないものなのかもしれない。





0 件のコメント:

コメントを投稿