2013年3月15日金曜日

無頓着に愛されたボーダー

こんなことを言っては何だが、、、

妻はお洋服に無頓着だ。

だいたい僕が勝手に買って帰るものを

着ていることが多い。

気に入るとずっと着続ける。

5~6年前、京都に出張に行った時に、

好きそうだな、、と思って買ったボーダーの

チュニックがある。

フランスの「ARMEN」(アーメン)というブランドのもの。






















彼女はこのボーダーチュニックを

ヘビーローテーションにもほどがあるくらい着ていた。






















製品染めのため、スパン糸がコントラストになる。

この色は、グレーがかったブルー。 ¥16,800(税込)






















丈は155cmの彼女がひざ上15cmくらいで着ていた。






















袖口と裾に小さなスリットが入る。

こちらは、スモーキーなグレー。

色落ちしたデニムによく似合う。

たまに重ね着もしていたような気がする。

砂まみれの子供に引っ張られ、

5年以上着続けたそれは、ゴミなのか洋服なのか、、、

なかなか判別が難しいほどにくたびれていた。

最近見ない、ということはいいかげん引退したのか。

そこまで着てもらえれば本望だろう。

「だって合わせやすいから・・・」とよく言っていた。



0 件のコメント:

コメントを投稿