2018年7月19日木曜日

シネマパンツ

昨年の冬、アナベルで展示をしてくださった

JEUJYEI さんが、我々夫婦とおそろいで(結果)

購入してくれたコートを「シネマコート、シネマコート」

と、何度も連呼して命名してくれた。

とてもしっくりとくる、素敵なネーミングだと思う。

その名の通り、映画に登場しそうなコートだから。

僕はこのパンツをスタイリングしていて、その時のことを思い出した。

そう、これは「シネマパンツ」。





















gasa grue

アートピケコットンコクーンパンツ

¥26,000+tax





















細かなキルティングかのような表情ですが、

こちらはピケ素材。





















ウェストはベルトループで、ゴムやヒモはありません。





















ホワイト

ブラックもそうですが、無彩色にも関わらず、

まるで色があるかの如く発色を感じます。

そのくらい、眩しい白と黒。

かっこいいに決まってる。





















大きな特徴はもちろんこの素材なのですが、

シルエットも面白い。

サイドにかなりカーブを付けた、コクーンシルエット。

それも抜群にスタイリッシュなコクーンシルエット。





















フロント釦はすべて包み釦。





















これはアートピケの裏側。

夏用に織り上げられる素材で、ヨコ糸で

畝を形成し、ポコポコとした凹凸感があり、

裏側はさらっとして通気性が高いのも魅力です。















ブラックにはsusuri のノースリーブのブラウスを。















サイドにカーブを付けていることもあり、

横から見るとずいぶんとすっきりした印象に。





















ブラックにはブラックを合わせたくなってしまったようで、、

特に狙っていたわけではなく、撮影期間が開いての、

全くの偶然です。















小物に白や色を織り交ぜて、夏らしさを醸し出す。















トップスとの素材感のバランスを考えると、

同トーンがとても作りやすい素材です。

アートピケのパンツに素材の表情がとても出ているので、

シンプルなブラウスやTシャツが良く映えます。





















白もモノトーンでスタイリング。















ARTEPOVERA のシンプルなボートネックブラウスが、

カジュアルを少し抜けた洋服に見えてきます。















お手持ちのお洋服の印象も少し変わるかもしれませんね。















こちらもゆったりとしたHonnete のギャザーブラウスを。















ゆったりしたお洋服も合わせやすそうですよ。

クラシックなムービースターを思い起こす、

素朴で華やかでスタイリッシュなコクーンパンツ。

シネマパンツと呼ぶにふさわしい。





0 件のコメント:

コメントを投稿