2015年8月23日日曜日

素晴らしき個の世界

アナベルのテーマは、、今さらだが、

「普遍性のあるスタイルの創造。」

一言で言うとそんな感じ。

とてもとても我々には難しいテーマなのだが、

今、アナベルでセレクトしてきているブランドには、

それを「共感」といったニュアンスで感じている。

作り手である彼等は、、

自身の「趣味」というものを、

あたり前のように棚に上げて、

素敵なものに共感し、他者とは違う

感性で、自身に取り込んだりするようだ。

そして棚に上げた「趣味」の箱に放り込む。

その箱にたまった感性や物体は、

その人の「定番」とも言える存在なのだが、

それがシンプルであるかどうかは、

その人によって違う。

今シーズン、、

アナベルに強烈な個性を持って、、

なおかつ、絶対的な普遍性を感じ得る、

素敵なブランドが加わることになる。






















GASA*

ビッグスモッグ ¥32,000


ブランドの持つ独創的な重ね着の世界が、

アナベルの中でどう光るのか。。

ファーストシーズンは、少量ながら、

ブランドの高いプロダクトレベル、

素敵なスタイリングの世界観が、

少しでも伝わり、、

違和感なく、アナベルのスタイルに

共鳴することを願います。






















GASA*は、ほとんどの生地を

オリジナルで製作するところから始める。

ウールとリネンのオックスフォードシャンブレー。

ウールのフワフワ感と、

リネンの光沢のある、

少しカリッとした手触りがいかにも上質そうだ。

















こちらは、ペールグリーン。

天然染料による染色だ。

この色は、オリーブの葉で抽出した染料。

ボタンは、ひとつひとつ、個性のある

天然のウッドボタン。






















グレー

GASA* の洋服は、もともとデザイナーが

アトリエでミシンを踏んで、一着づつ

その場で仕上げていくことから始まった。

















その強い魂は、、

工場生産になった今も、

ところどころで、強烈に伝わってくる。

















ブランド名とともにあらわされた、星のようなマークには、

境界線のない海に輝く光のように、

水面を伝って、GASA* の世界観を広めたい。。

そんな願いがあるようだ。

















グレーは、「ゴバイシ」というウルシ科の植物から

抽出した染料を使っている。ウルシ科ですが、

かぶれる成分は入っていないのでご安心を。

ボタンは黒のウッドボタン。


半年くらい前、、

洋服の整理をしていた。

妻が今まで自分で買ってきた洋服には、

あまり手を付けないのだが、、

なんとなく手を伸ばしたきれいな藍染めの

ジャケットに、、「GASA*」って書いてある。。

一瞬目を疑ったが、、

何度見ても「GASA*」って書いてある。

なぜ妻が・・???

聞いたら、もちろんブランドのことは

まったく何も知らなかった。
















天才アオドレスのワンピースの上に重ねて。

アオドレスのワンピースは完売いたしました。


























































私はわたし。






















キラキラした素敵なカバンも

GASA* のもの。
















GASA* の素敵な個性を受けとめているのは、

Honnete 以外では初となる、「姉妹伴」。

susuri のスカートだ。

こちらは、あらためてご紹介をします。






















GASA* のお洋服からは、

おとなの着るべき、上質さと

女性が持つべき女の子らしさが、

同時に感じられる。
















見た目から感じられる、素敵な個性は

もとより、、

プロダクトの素晴らしさにもうっとりとする。






















個性的なお洋服が定番に

ならないわけではない。

むしろ、普遍性が備わった時、

その共感者に対し、

絶対的な信頼を得ることとなる。


GASA* は、「独創性」、「普遍性」が

同時に存在し、デザイナーの感性豊かな

スタイリングから作り上げられる、、

数少ない、成熟したブランドの一つでは

ないだろうか。

誰かに小さな反論を受けるような隙はなく、

そのこだわりは、、

素晴らしき個の世界。




















0 件のコメント:

コメントを投稿