2015年1月20日火曜日

orslow

ご存知の人も多い、「orslow」(オアスロウ)。

10年前に仲津氏が立ちあげた、

日本を代表するワークブランドのひとつ。

「オリジナリティーあるものをゆっくり作りたい」

そういう意味の「orslow」というブランド名。

アメリカの古着に魅了された彼は、18歳で単身渡米。

アメリカの空気を感じながら、大好きな古着を買いあさり、

いつか自分もブランドを、、、そう思いながら、

買った洋服を着ては解体して、また作り直す。

そんな日々を送っていたという。

アメリカ古着が好きな人の服は、見たらすぐにわかる。

それがにじみ出ているから。。

そんなorslowを僕が初めて知った時、軽い違和感を

感じるモノがひとつあった。明らかに毛色が違う。

実は僕がorslowの商品で初めて買ったのがそれだった。






















orslow ビリージーン 定番チノ

¥14,800(税抜)






















ウェストにボリュームの出るタックが2つ。

膝下からキューーンと細くなるテーパーシルエット。

こんな服はアメリカ古着にはない。。

そして、名前は「ビリージーン」。

そう、、仲津氏がアメリカ古着と同じくらい

好きだった、マイケルジャクソンのビリージーンから

命名されている。もちろんデザインも。
















白シャツにシンプルにスッキリとコーディネート。






















2タックの効いた、きれいなテーパーシルエットだ。
















ヨコ姿もバランスがいい。。

そして、今シーズンの新素材は、、、






















渾身の白。

¥15,800(税抜)






















2タックでふくらみのあるウェストに、

茶色いコロナットボタンが可愛らしい。

ライトチノで、定番と比べると薄手の

春夏秋、3シーズン位の素材です。

















後ろは従来通りの片ポケ。






















このダーツの処理は、初めて見た時から印象的でした。

きれいに裏当てして、そのステッチを生かしたデザインです。

きっと几帳面な性格に違いない。
















膝下が細いので、ワンピースとの相性も抜群です。






















白っぽい上下に、「花柄」、「グリーン」、「ブルー」を

差して、明るくコーディネート。

カシミアの明るい色のストールは、

春先にもかなり活躍します。

いや、、春先に最も活躍します。
















こちらはシンプルで何気ないモノトーンスタイル。

まだ寒さの続く春先に、インナーのFACTORYの

バンブーウールは大いに活躍することでしょう。






















こちらもYARNZ のカシミアストールが効いています。






















シンプルだけど、ウェストタックでオリジナリティーを

感じるビリージーンは、やはりアナベルの

スタイリングに欠かせない1本です。

普通に収まらないシンプルなパンツ。。

orslow な1本です。



0 件のコメント:

コメントを投稿