2013年4月1日月曜日

アトリエシャツ

画家や彫刻家の作業場であるアトリエ。

昔の芸術家はどんな作業着を着ていたのだろう。

作業着などなかったのか。

あったとしたら、こんなシャツが想像できる。






















身幅が広く、肩もゆったり。

お尻まですっぽり隠れる着丈。

素材は丈夫そうな麻素材。

white

















感じのいい小さめの襟。

夏場は一枚で、まだ肌寒い季節にはバスクシャツの

上からバサッとかぶってきてほしい。






















navy






















黒とネイビーが混じり合うシャンブレーネイビー。






















black






















脇には大きなスリットが入る。

こういうお洋服は、何も考えずともかっこがつく。

着用期間もかなり長い。

ついつい着てしまう1着になるのではないだろうか。


Travail Manuel(トラヴァイユマニュアル) ¥14,700(税込)



0 件のコメント:

コメントを投稿