2014年3月20日木曜日

袖まくりまくり

今年の春のゴーシュの展示会で、

泉さんが言っていた。

「今年のジャケットは、袖をまくっても着てほしい。」

なんか、いいなぁ。。わかるなぁ。。

と、ぼんやり思いながら、

今年の春のコートは、全部袖まくりが似合うような

ものになっている。






















ゴーシュのコート。






















Travail Manuel のリネンイージーコート。
















AUTREFOISのワークコート。

そして、このコート。






















BASISBOEK(バジスブルック)

コットンシルクドルマンスリーブコート ¥21,000(税込)

こちらは、パークグリーン。






















コットンとシルクで高密度に織りあげられたこの素材は、

ナイロンのようにシャカシャカする。

そして、驚くほど軽い一重仕立て。

季節に応じて、インナーを変えて、

便利にたくさん着てほしい。

ベーシックなパンツスタイルには、

絶対に似合うのはわかりきっているので、

それ以外のコーディネートを作ってみました。






















maison de soil のロングスカートに合わせて。






















白、黒、グレーを基調にして、

春らしく、赤、グリーン、黄色。

もうすぐこんな季節ですね。






















コクーンシルエットで、両脇にスリットが入ります。

こちらは、インクブラック。






















好き、嫌い。

似合う、似合わない、がはっきりする。

白のロングスカートに黒のコート。

モノトーンで個性的なスタイルです。






















この中では、最もシンプルでしょうか。

ゴーシュの白いカディーパンツに、

Travail Manuel のキュプラのワンピース。

その上から羽織ります。

モノトーンにブルーを差した、

スタイリッシュな印象の彩りです。






















ヨコ向きでは、

コクーンでドルマンならではの、

少し、背中のふんわりとしたシルエットが生まれます。






















そして最後は、ネイビー。

やや明るめのロイヤルネイビーです。
















グレーとネイビーでシンプルな色合わせ。

ボタンを開けた時に、インナーのボリューム感で

少し、遊びを感じるスタイリングに。






















アナベルでは、オープン当初から

ずっと提案し続けている、

Travail Manuelのドラムパンツ。

小柄な方にもお勧めのボリュームのあるパンツです。

トップスは、おそろしくおしゃれなゴーシュのドレープTee。

コートのボタンを開けると迫力があり、

閉めると、、、






















落ち着きます。


少し変化球で、ベーシックにも着こなせる。

袖まくりまくりで着てほしい。



0 件のコメント:

コメントを投稿