2018年6月9日土曜日

親ばかではない





















アナベルがオープンしたその日から、

窓際にぶら下げているayame ソックス。

今は展示中でお店の奥のほうにひっそりと。。

ayameソックスが、シーズン中に完売して、

お店から完全になくなったことは一度もない。

しかし、変に残ったこともほとんどない。

ちょうどいい具合に、なくなると次のシーズンのものが

入荷して、またぶら下がる。

計算上、家族と同じくらい顔を合わせている。

そんな商品は、他にない。
















昨年でayameソックスは10周年。

今並んでいるソックスは、彼女のアーカイブスデザインだ。

10年でデザインした様々な柄の復刻。

見たことあるものもあれば、初めてのものもある。

写真のカバーソックスは、ayameソックスの定番品の一つだが、

カバーソックスで満足した経験がない人にはぜひおすすめしたい。

カバーソックスは、きついと脱げないが痛い。

ゆるいと痛くないが脱げる。

ゆるくて痛くないが良く脱げる。

とにかく、いいものになかなか出会えない。

こちらは最高です。


親ばかではない。


<展示に関するお知らせ>

当初、ご案内に記載し忘れておりましたが、

明日は撤収作業がございます関係で、18時閉店とさせていただきます。

申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。


annabelle




0 件のコメント:

コメントを投稿