2018年6月21日木曜日

姉妹伴~susuri Hide onepiece~

~姉妹伴~

中国福建省、恵安地域に古くから伝わる文化風習で、

数名の女性たちが小さなころから本当の姉妹のように

互いの家を行き来し、寝食を共にします。

その風習は、結婚後も続き、本当の家族のような

深い絆で結ばれます。

その文化風習の名を「姉妹伴(しまいはん)」ということから、

そこになぞらえて、1年先にお店を始め、実際の年齢も

一つ年上のアナベルの姉のような存在である、

西荻窪のpoefu さんとの共同別注企画を

「姉妹伴」と呼ぶことにしました。

似たようなものが多い世の中で、小さなお店だからこそできる

特別な取り組みになればと願います。

今回ご紹介するのは、昨年から引き続き、

susuri さんに別注した「Hide onepiece」。





















ブラックは、生地を変更したため、

昨年と価格が異なります。





















susuri

Hide onepiece ¥28,000+tax

コットンタイプライタークロス(東炊き)

前年もご紹介したタイプライタークロスの東炊き。

高温で炊き上げるように染めることで、

生地に細やかなシワ感が生まれ、それは

アイロンをかけても消えません。

生地の特性、味わいとして捉えていただけたら。





















ペールピーチ





















シワ感があることで、こんなに特別感のある

ワンピースが、洗いざらしで「パンパン」とすれば

着ていただける。

取り扱いの楽なところもうれしいところ。





















魅力を感じ、長くお気に入りに入るものは、

意外に人から勧められたものが多かったりしませんか?

このワンピース、実は発売した初年度、

アナベルではお取り扱いをしませんでした。

もう何年も前ですので、理由は覚えていませんが。。















発売年度の翌年、poefu 柿本さんからいつものように

電話が入り、、

「伊佐さんハイドワンピースを姉妹伴で別注しませんか?」

って言われました。がしかし、、

「ハイドワンピース??」

当然、バイイングすらしていなかったため、

名前を言われても何のことやら。

そんな調子で別注するに至ったハイドワンピース、

今では大のお気に入り。

妻の3大ワンピースの一つ。

Honnete いろいろ

GASA いろいろ

susuri hide onepiece















とりわけ横姿にこだわりを持つ、

susuri デザイナー斎藤さんは、

前から見た印象と、後ろから見た印象を強烈に

変化させることで、面白いバランスを生み出している。





















ほのかにピンクがかったペールピーチ。

そのきれいな色合いを生かすべく、

あえて白系のワントーンで。















体を布地が覆い隠すような贅沢な生地使い。





















腕を上にあげた時と下げた時の印象の変化。















そして、シンプルなフロントサイドに対し、

大分量のギャザーが美しいバックサイド。


着た瞬間に、特別を纏う気分。

ご紹介が遅くなりましたが、

これからの季節にぜひ。











2018年6月16日土曜日

7年目の定番

わずかな違いに鋭く気がつく人に憧れる。





















TRAVAIL MANUEL

リネンポプリンラップパンツ

¥16,000+tax 

グレー

商品自体、アナベルで一番最初に販売したお洋服だけに、

今年で7年目のご紹介。

細かな説明は省かせていただきます。















ポケットは片側だけにございます。




























ラップパンツというだけに、パンツに布地が

覆いかぶさったようなデザインが特徴です。





















ブラック















ラップの片側をヒモで結わく仕様ですが、

いちいち取り外さなくても、脱ぎ履きは可能です。















ラップデザインであるがゆえ、

トップスはシンプルでもいい感じ。















同ブランドのフレンチスリーブTeeをシンプルに。















ラップがあるからか、、

着丈がやや長めなカットソーなんかも合わせやすい。





















ブルー















鮮やかすぎず、程よいブルーがいい感じです。















真夏はこんな感じのパンツスタイルを。















ブルー×ラベンダー

ちょっと優しい色合わせ。















このパンツの撮影中、妻が何度も口にしていた。

「ねえ、このパンツ少し小さくなった?」

「私が履いてるのとちょっとサイズが違う気がする。」


少し大げさで、大雑把を絵にかいたような人が言うことですし、

何しろ7年目の定番という頭がありましたから、

「最近ほら、腰悪くして運動不足だから。」

何度言われても妻の体形が少し変わったということで、

本人も納得していた。

ところがその後、、通信販売用のデータ作成中、

サイズを一応測りなおす。(定番も毎回一応測る)

ウェスト、、ヒップ、、、やっぱり同じか。

そう思った次の瞬間、「ん??股上がずいぶん違う。」

測り間違いか?いや違う。

ブランドの展示会資料を引っ張り出すと、

「NEWラップパンツ」と小さく書いてある。

どうやら股上が深く、ルーズなサルエルっぽいデザインだったものを

股上を少し浅くして、すっきりとしたデザインに変更していたようだ。

展示会の時は、そうかそうかと思っていたが、

見た目の印象があまり変わらないので、すっかり忘れていた。





















あらためて見てみると、股上を浅くすることで、

後ろ姿がすっきりしている。

以前はもっとルーズに下がった感じだったのだが、

その印象がなくなった。

とはいえ、股上がSサイズで39cm。

けっして股上の浅いパンツではない。

以前が47cmだったので、そこからすると

ずいぶん浅くなったが。


小さな変化を敏感に感じ取る、

違いの分かる人に憧れます。


<お知らせ>

明日は都合により、13時オープンとなります。

よろしくお願いいたします。








2018年6月15日金曜日

シャツを履くように。

先日、yasuhide ono の展示において、小野さんが用意した

天然石の中に、「パイライト」という石があった。

それはまるでサイコロのような、きれいな四角形だった。

聞くと、そのきれいな四角形の状態で、地中から採掘されるそうだ。

そんなことを聞くと、今持っている常識をそのままぶら下げて

生きるのが馬鹿らしく思えてくる。

そして一昨日の出勤途中、、

「飴いる?」

「いやいらない。」

次の瞬間、なにやら不穏な空気が立ち込める。

横を見ると、妻が微妙な表情で飴をなめている。

「どうしたの?」と聞いてみると、

「飴いる?って聞かれて断る人がいるんだなって。」

妻の常識はなかなか面白いのでそのままでいい気がする。


シャツを履いてみませんか。





















ARTEPOVERA

リメイクスカート ¥17,000+tax

彼らのアイデンティティーともいえるリメイク。

ARTEPOVERA はリメイクから始まったのです。

今から10数年前、渋谷の某セレクトショップで、

彼らのリメイクのブランケットベストを購入し、

とても気に入って着続けている。

妻にもお土産で、テントをリメイクしたワンピースを

買ったことがあった。

昔から目にしてきたブランドではあったが、

こうしてお取り扱いをするようになって思う。

彼らはいい意味で、本当に昔から変わらない。

きっとこれも、街で見かけたら買っていたに違いない。





















ここだけ見たら、シャツの写真かと思うくらい、

そのまま生かしてリメイクしている。





















脇の切り替えはラインのようでかっこいい。

シャツテールを生かして作っているため、

場所によって、丈の長さは様々になる。





















こんな具合。。

前身はライトブルーのシャンブレー。

背面はネイビーのシャンブレー。

その間に、ラインの様にサックスブルーのシャンブレー。





















ポケット、フロントの釦は

共に開閉します。















現在、「暮らしとおしゃれの編集室」にも

紹介しているスタイリング。





















トップスはシンプルにシックに。















色数を抑えて、所々に黒をちりばめる。















デザインは、アシンメトリー。

向かって左側が最も長く、80cm。















少しラウンドするように背面に向かってカーブして、

後ろは、だいたい78cmくらい。















反対側も短いとはいえ、72cmくらい。















同系色のボーダーを合わせてみる。















くつもフラットな革靴に変えてみると、

少し印象も変化します。















シャツを履いてみませんか。

飴でもなめながら。


<お知らせ>

6月17日(日)は、都合により13時オープンとなります。

申し訳ございませんが、よろしくお願いいたします。











2018年6月9日土曜日

親ばかではない





















アナベルがオープンしたその日から、

窓際にぶら下げているayame ソックス。

今は展示中でお店の奥のほうにひっそりと。。

ayameソックスが、シーズン中に完売して、

お店から完全になくなったことは一度もない。

しかし、変に残ったこともほとんどない。

ちょうどいい具合に、なくなると次のシーズンのものが

入荷して、またぶら下がる。

計算上、家族と同じくらい顔を合わせている。

そんな商品は、他にない。
















昨年でayameソックスは10周年。

今並んでいるソックスは、彼女のアーカイブスデザインだ。

10年でデザインした様々な柄の復刻。

見たことあるものもあれば、初めてのものもある。

写真のカバーソックスは、ayameソックスの定番品の一つだが、

カバーソックスで満足した経験がない人にはぜひおすすめしたい。

カバーソックスは、きついと脱げないが痛い。

ゆるいと痛くないが脱げる。

ゆるくて痛くないが良く脱げる。

とにかく、いいものになかなか出会えない。

こちらは最高です。


親ばかではない。


<展示に関するお知らせ>

当初、ご案内に記載し忘れておりましたが、

明日は撤収作業がございます関係で、18時閉店とさせていただきます。

申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。


annabelle




2018年6月8日金曜日

再入荷のお知らせ















たくさんのお問い合わせをいただいていた

「ぶかぶかパンツ」が入荷いたしました。

よろしくお願いいたします。


annabelle

2018年6月5日火曜日

明日は営業日





















yasuhide ono 『輝く未来手』開催中に伴い、

水曜日ですが、臨時で営業しております。

ぜひ、お立ち寄りください。


annabelle