2018年5月14日月曜日

好きこそものの上手なれ

さらさらでドライタッチ。

着用した時の清涼感と、

同時感じるぬくもり。

ダブルブレストの面白さ。

シンプルで飽きのこなさそうな雰囲気。

良いところはいくらもあるのだが、

どれもバイイングした決定打ではない。

セレクトでやっている以上、とても気にかかるのは、

他ブランドから似たようなものが出てくるか?

もしくは、すでに仕入れしてはいまいか?

その点で、これはアナベルでは他にない感じ。





















vie

ベルギーリネンローブカーディガン

¥25,000+tax

相変わらず絶妙な3色展開。

こちらは、シルバーセージというお色。

セージというのがグリーン系統ですので、

ほのかにグリーンを感じるシルバーグレー。





















左から、

シルバーセージ、ブルーグレー、ブラック。

アナベルでは3色展開です。

サイズはMのワンサイズ。





















肩はドロップショルダーで、

ややゆったりしたサイズ感ですが、

バスト寸からみても、アナベルでセレクトする

その他のブランドの羽織物よりも

かなり小さく、スタンダードなサイズ感。





















なおかつ、この礼服のような共布で

作られた内掛けのヒモを付けて、

ダブルブレストのような雰囲気で着ていただくと、

さらに違う感覚が得られるのです。





















麻ですが、少しきちっとした雰囲気。

evam evaさんのコレクションは、ボトムスの

99%程度がパンツというほど、

デザイナーの近藤さんはパンツ派。

だから、あらゆるパンツには似合うのです。

そこで、あまり見られないであろう、

スカート、ワンピースに合わせたスタイリングを

ご紹介してみます。





















Honnete のギャザースカートに合わせて。















evam eva では見られないスタイリングでは

ありますが、アナベルでは定番的なバランスの一つ。

「スカート×ロング丈」















もちろん、オーソドックスなスタイリングでは

ないので、万人にすぐお勧めというわけには

いかないかもしれないが、「いい。」と思ったり、

「好き」だと思ったら、チャンスあり。

「好きこそものの上手なれ」ということわざが

ありますが、洋服のスタイリングはまさにそれが大事。

好きなら必ず似合ってきます。





















開けても素敵です。















Honneteのギャザードレスに合わせて。

こちらはブラックです。

ブラックですが、あまり強くないブラックです。

スミクロ以上、ブラック以下。















背幅も意外とすっきりしています。

もちろん、小さいということはないのですが、

ドルマンや極端なパフスリーブデザインの上には

着られないと思ったほうが良いでしょう。

Honneteは大丈夫。















バイイングした理由は、

基本的な品質の良さやシンプルなデザインに加え、

やはり、他にないセレクトだから。

さらには、この着丈。

長いモノばかりを目にした中で、短くはないけれど、

この丈はなんだかとても新鮮でした。

パンツスタイルにはもちろん似合いますが、

スカートやワンピースにも合わせてみてください。


「好きこそものの上手なれ」




<お知らせ>

~Palm Reading(手相鑑定)Junko~

ご予約は、いよいよ明日の12時からお受けいたします。

店頭、もしくはお電話のみのご予約です。

詳しくは、昨日のブログをご覧ください。

よろしくお願いいたします。








0 件のコメント:

コメントを投稿