2018年3月24日土曜日

シャツに一枚羽織る季節

お気に入りは、いろいろ着てみたいものです。

これとは合うだろうか?

あれとは合うのかな?

こう着たらどうか?

アナベルで、シーズンごとにお勧めしてる、

特徴的な刺繍の施されたブラウスを、

いろいろとスタイリングしてみました。





















maison de soil

コットン刺繍ブラウス

¥19,000+tax















薄手のコットン素材に、キャンブリック仕上げを

施した生地は、さらっとしながらも品のいい、

自然な光沢感をほのかに感じさせる。

刺繍は、春夏用に施された、相変わらず

素晴らしい手振りのミシン刺繍。















フォーマル素材のキュロットに、

サックスブルーをタックイン。

そう、色はホワイトとサックスブルーの2色展開。















ゆったりしたバスト寸に、オーソドックスな着丈。

タックインしても、外に出しても着ていただける。





















上から同じくmaison de soil の

キルティング素材のジャケットを羽織る。















チラッと覗く、印象的な刺繍が良いのです。





















サックスブルーの裾を出して、

フォーマル素材の細身パンツに合わせて。















キレイ目でありながら、ラフ。

カチッとしたシャツを着るよりも、

「普通」に収まらない雰囲気を感じさせる。















奇麗なサイドのラウンドと、後ろの共布ボタンが

上品で女性らしく、ゆったりしながらもだらしなくない。





















orslow のダッズデニムのワンウォッシュに、

ホワイトを。















デニムに白シャツ。

定番的スタイリングに加えるブラウスとしても

おすすめの1着です。















襟付きのシャツには持っていない、

軽快さやフェミニンな雰囲気を纏っている。















デニムに白シャツは同じでも、

上から羽織るものにも変化が出るかもしれません。

こちらは、evam eva のコットンローブカーディガン。





















GASA*の完売してしまったパンツに

あわせてホワイトをタックイン。















小さなショルダーバッグで、

タックインしながらも軽快な雰囲気を。

バッグは私物です。















ハイウェストなワイドにタックイン。

背が小さくてもバランスが良ければ素敵です。

ぜひ、お試しください。















上からゴーシュのバーズアイデニムの

カシュクールジャケットを羽織る。


三寒四温を乗り越えて、

もうすぐシャツに一枚羽織る季節。

なにになにを重ねましょう。

考えるのも楽しんで。




0 件のコメント:

コメントを投稿