2018年3月31日土曜日

魅力的機能美

「着心地が良い」という理由で、

ファンを獲得していくことは、ブランドとしては本望であろう。

そしてそれは同時に、ブランドの強さでもある。

ブランドにはそれぞれの個性があってしかるべきであるから、

何が一番優れているかは着心地だけでは一概には語れないが、

ゴーシュのそれは、一定の次元を超えたところに

あるように思えてならない。

もちろん、僕のえこひいきも多少ある。

多少である。





















ゴーシュ

バーズアイデニムカシュクールJK

indigo ¥28,000+tax

以前、パンツでご紹介したものと同素材です。

















たて糸がインディゴ、ヨコ糸がブラックのソリッド。

交織のドビー織です。

ドビー織の織柄が、よく見ると鳥の目のようであることから、

「バーズアイデニム」と呼ばれています。

ところどころ白っぽく見えている部分は、

たて糸のインディゴが少し色落ちしている部分。

ジーンズと同じで、着て洗っていくうちに、

いい感じの経年変化もお楽しみいただけます。





















デザインは、内掛けもついたカシュクールの

ジャケットデザインで、ひもをしっかり結わくと、

右側のポエットはふさがります。

















このVネックラインが絶妙なのです。

肩口から、袖にかけての背面から見たシルエットは、

美しすぎて、ため息がこぼれそう。

一見、作務衣(さむえ)の様にも見えるデザインですが、

着ていただければ、その差は歴然である。





















羽織るだけでもかっこいいのです。















着てみると、見た目ほどゆったりしておらず、

スッキリとした印象なのです。

でも、着心地は楽なのです。















紐をしっかりと結わいた状態です。

作務衣のような、ライダースのような。。

素敵なジャケットです。















横から見た時の裾回りにも、

ダボついた印象のないデザインです。


そして、このジャケットの最も美しい角度がこちらです。





















少し肩線が後ろに抜けたような、

立体的なデザインは、後ろVネックもあいまって、

とっても女性らしく、美しい。

着始めは布地の多少の硬さもあって、少しごわつきも

感じられるものの、数回も着ていただければ、

その人に沿った素晴らしい曲線を描くことでしょう。















お洋服のパターンメイキングは、体に近いものほど

難しいとされています。もちろん布帛での話です。

ですから、体にフィットさせたシャツやブラウス、

そしてジャケットを、ストレッチ素材を使うことなく

着心地の良いものにするのが、その腕の見せ所。

ゴーシュの作るお洋服は、そのレベルはポー―ンと

超えているように感じます。

ルーズに見えて、着てみるとすっきりと見える服。

コンパクトに見えて、とても着られそうにないように

感じるが、着てみると全くストレスのない服。

ゴーシュのお洋服は、視覚的な機能美のようなものを感じさせる。

人は洋服を身にまとったら、際限なく無限の動きを見せる。

人がどのように動いても美しく見える服は、ある意味理想である。

そんなことを、「カジュアル」の範囲内で行っている。

それがゴーシュのお洋服の魅力の一つなのだと感じます。







0 件のコメント:

コメントを投稿