2018年3月20日火曜日

気迫と気概と思いやりと。

ある日本のトップデザイナーの手記を読んでいると、

何度も何度も書かれていることがある。

「トレンドを考えてモノを作りたくない。」

「いつも自身に正直なモノつくりがしていたい。」

シャネルも同じようなことを言い残している。

「トレンド」は、マーケティングとしては大切な

事柄であるが、作り手には、もしかしたら

邪魔な存在なのかもしれません。

GASA*の洋服を見ていると、

あまりの力強さに、そんなことを考えてしまうのです。





















GASA*

”大泣き cry ” ギャザーコート

ブルー(天然染め)¥58,000+tax















しなやかさの中にしっかりとしたコシのある

コットンリネン素材は、アンティークの布地のよう。





















見返しをピークドラペルのように

伏せた雰囲気が、ラフであり、

かっちりしすぎない、見事なデザイン。

ギャザーとの取り合わせも最高です。















背面も大分量のギャザーが美しい。






















わざわざ内側に施したステッチも、

イメージから湧き出る大切なデザインの一つなのです。





















2色展開ですが、お値段が異なります。

black ¥52,000+tax

blue ¥58,000+tax

ブルーは、「ラピスラズリ」と「ブラックシリカ」を

染料とした、天然の鉱物染めなのです。















丸みを帯びながらも、「美しさ」「かっこよさ」が

際立つのが、GASA*のお洋服。















決して、「ナチュラルでイージー」なお洋服ではない、

細やかなこだわりの集積が、一目で感じ取れる上質な服。





















ラピスラズリとブラックシリカが混じりあう、

少しグレーイッシュな絶妙な青は、

ゴーシュのカツラギワイドパンツに合わせて、

白いストールを載せてみた。















一つボタンの軽やかさと、

袖まくりの似合うデザインは、

春先、初夏、梅雨時期と長い付き合いになりそうだ。















そして、GASA*のお洋服には、

ショルダーバッグが良く似合う、、気が僕はする。















ブラックは、GASA*尽くしでコーディネート。















中はこんな感じ。

残念ながら、ストライプのパンツはご紹介前に、

完売してしまいました。





















上からギャザーコートブラックを。

巻物は同じく、evam eva のリネンヘリンボーンを。















ところどころに、軽やかな色調をちりばめて。

やはり一つボタンがいい感じ。















そして、やっぱりショルダーを合わせたくなるのです。

sono のsono2のグレーを提げて。。



~ The Gift of the Magi~
   O. Henry

贈り物をめぐる行き違いは

相手を思うからこその行動でした。


お互いの笑顔のために。


2018SS GASA*コレクションテーマより


1906年、O. Henry による短編小説、

「The Gift of the Magi」(賢者の贈り物)を

テーマにした今期のGASA*コレクション。

クリスマスプレゼントをめぐる行き違いは、

すれ違っているようで、互いへの思いやりを

強く感じ、その姿が本来あるべきプレゼントだと、

物語の最後に結びを付けている。


洋服が好きで、高価であってもGASA*のお洋服を

買ってくださるお客様に向けて、デザイナー五十嵐さんは、

自身から湧き出るクリエーションと正直に向き合っているのでしょう。

毎度ながら、そのような気迫と気概を感じるのです。




<お知らせ>

明日、3月21日は祝日ですが、水曜定休です。

お間違えの無いようお願いいたします。








0 件のコメント:

コメントを投稿