2018年3月18日日曜日

アンバランスなバランス感覚

「うーん、あんまり私は好きじゃないかな。。」
(我々は可愛いと思ったけどバイイングしなかった)

そして、その半年後。

「あー、かわいいかも。」
(去年と同じだよと思いながら、同調して仕入れた)

さらに半年後。

「わー、かわいい。なにこれ。」
(素材が変わったら、まるで別物に見えたらしい)

妻が同じ服を試着した時の、一年間の移り変わりです。

妻は、本当に洋服に関してど素人である上に、

通り過ぎたことは、疾風のごとく忘れていく人なので、

きっとこのようなことになるのだと思うのですが、

きっと普通のお客様もそれに近い感覚があるのだろうと

思うと、とても参考になる。

「わー、かわいい。なにこれ。」は、こちらです。





















Honnete

春のラウンドカラーコート

ブラック ¥35,000+tax

ポリエステル100%のこの素材は、

とてもしなやかで、艶があり、

しっとりとしたタッチなのです。















比翼仕立てで、ボタンが見えないデザインです。















開襟シャツのように開く襟ですが、

一番上の釦を閉めても、悠々と着ていただける。

トップ釦を閉めた感じもかっこいい。





















2色展開で、ブラックとカラシイエロー。

カラシイエローのブランドカラー名は、

khaki(カーキ)なのですが、

お店で見る皆様も、我々もイエローにしか

見えないので、カラシイエローといたします。





















orslow のジーンズに、AUTTAA のヒールパンプスを

あわせて、インナーはシンプルなゴーシュの白Tシャツを。















昨年は、冬にメルトン素材で展開していたデザインですが、

素材が変わると印象も変わる。















張り感がなく、ドレープ感が強く表れる。





















Tシャツの上から着ても素敵だけど、

重ね着もかっこいい。















インナーには、昨日ご紹介したFABRIQUE の

コットンパーカーを合わせて。















ちょっとフードを出してみる。















ふんわりスカートに合わせても素敵なのです。

たっぷりとした洋服は、サイズを気にせず着てほしい。

気にしてほしいのは、バランスである。

しかも少し、アンバランスなバランスです。


身に付いたら、楽しいよ。



0 件のコメント:

コメントを投稿