2018年3月17日土曜日

スーパー日常着

今まで、実にたくさんのパーカーを買って、

着てきたのですが、気分によって、、、

いや、大きくは年齢によって、

パーカーはこうあるべきだという考えは変化する。

若い時は、とにかく吊裏毛、低速シンカー編み、

しっかりして、ふっくらして、ある程度厚みもあって。

そういったものを求めていた。

もちろん、その良さも十分に理解しているし、

秋冬のパーカーなら温かさもあっていいかもしれない。

でも春にお勧めしたいパーカーはそうでもない。

あまり、地厚すぎてもいつ着たらいいかわからないし、

軽くないと脱ぎ着が多い季節だから困る。

それでいて、Tシャツなんかの上から着るので、

柔らかい着心地が嬉しい。





















FABRIQUE

コットンバックパイルパーカー

¥11,800+tax

これを見た時、

「これこれ!」って思いました。

手に持って軽いし、やわらかい。















その秘密は、いわゆる裏毛のスウェットではなく、

古いジャカード編機で、オリジナルで作った素材。

表はキュッと詰まった天竺編みで、

裏はふんわりとしたパイル編みなのです。

薄いタオルが裏地に付いたような感覚です。





















柔らかいけど、本格的なスポーツスウェットの

リバースウィーブ仕様。

お洗濯での斜向や縮みを軽減、安定させる

働きや、動きやすさも追及された昔ながらのデザインです。















そして、レディースのパーカーでは、

必須ともいえる逆開ファスナー。

あとは、着た時のリブの長さのバランスがお気に入り。















色は、ブラック、グレー、キナリ。

ブラックの38だけ、完売してしまいました。





















裾と袖口のリブの長さが、

ちゃんと女性らしくて良いのです。















柔らかくてしっかり伸びる。

キュッとしていても着心地がいい。















腕もしっかり細身だけど窮屈さは全く感じない。

袖下にもしっかりしたゆとりがある。















ボトムスのボリュームに合わせて、

逆開ファスナーは活躍する。















ボトムスに何を合わせるかでも印象は変わる。

susuri のマーチスカートは、シンプルなトップスを

オシャレなスタイリングへと導いてくれる。















ボリュームのあるボトムスとも好相性なのは、

しっかりとすっきり見えている証拠です。















まだインナーはカシミアの薄いセーターでいいかしら?

でも、気温が上がったら、、、















FACTORY のリネンコットンセーターの上に着ようかな。

そして、もっと温かくなったなら、

Tシャツやタンクトップに羽織るのに持ち歩こう。


軽い。

柔らかい。

心地いい。

品質がいい。

オリジナリティーもある。

合わせやすい。

洗える。

長い時期着られる。

ちょっと汚れても怒らない。

ちゃんと女性らしい。


パーカーはそうであってほしい。



0 件のコメント:

コメントを投稿