2018年2月13日火曜日

ラフでタフ

カジュアルなおしゃれ着にとって、

「力の抜け具合」というのは、とても大切に感じます。

何もかもが本格志向のメンズギア的な洋服も

もちろん好きですし、さんざん着てきましたが、

とりわけ女性にお勧めすることを前提にした場合、

本格志向のもたらす重さやその少し野暮ったい雰囲気が、

邪魔に感じることもしばしばあるのは事実です。

本格志向を知りながら、どこをどうデザインするか。

彼らの作り出す洋服には、いい意味で

「洋服屋らしさ」に欠けた部分があり、

いい具合に力が抜けているのです。





















FIRMUM

高密度ナイロンクロスフードコート

サンド ¥29,500+tax















幅の広い比翼仕立てで、ここは本格感漂います。

ポケットは切り替えず、つまむ仕様。

ポケットのふくらみは、視覚的にもとても重要です。





















幅広比翼で本格ミリタリーな雰囲気を

漂わせながらのドーナツ釦。

少し意表を突かれます。
















そして裏はワーク、ミリタリーとは異なって、

奇麗なパイピング処理がなされます。















ポケットの内側には、ウェストのアジャスターが付き、

ウェストを絞って着ていただくこともできる。

ディテールはもちろん、バランスも面白い。

ドロップショルダーにもほどがあるくらい落ちた袖は、

短くて身頃とのバランスがなんだか可愛らしくもある。





















ワイドパンツに合わせて、コバルトブルー。















今はまだ寒いのですが、少し肌寒い春の穏やかな

風を防ぐにはちょうどいい。















ウェストを絞ると、雰囲気も少し変わっていいのです。















少しアクティビティーな要素もある洋服でありながら、

カジュアルでおしゃれな日常着。

きっとアウトドアブランドでは味わえない、

別な魅力を感じていただけることでしょう。





















ブラックはあえて、ワンウォッシュのジーンズに。















カバーソックスを履いたり、パンツを白や

ベージュに変えたなら、もう少し抜け感を感じるのでしょう。















今回はすごくメンズライクな色合わせ。

リュックなど背負いたくなる色合いです。





















ひざ下の細いテーパーパンツに、サンド。















安心感のあるカラーコーディネート。

春先は大判のストールなど巻いても素敵です。















靴とヨハンナの黒が利いています。

アナベルのセレクトで、最もこだわっている点、

それは相変わらず、

「シンプルは好き、当たり前は嫌い」

もちろん、やりすぎも苦手なのです。

このくらいが、ちょうどいい。

ラフに扱えて、タフ。

水洗いできて、楽。

つい、手がのびる。

そんなお洋服です。









0 件のコメント:

コメントを投稿