2018年2月17日土曜日

え?

今までで一番、、「え?」って言われる

スカートのご紹介です。





















maison de soil

リネンプレーンスカート ¥22,000+tax

maison de soil をご存知の方ほど、、

「え?」ってなります。

しかも日本製です。





















スラブリネンの綾織りで、リネンですが

平織モノとは違った、春先から使えそうな

薄すぎず、ちょうどいい厚みです。

一枚で着用しても透け感はありません。





















女性用のアーミースカートをモチーフにしたデザインは、

タブやベルトループが施され、ギャザーは見る影もなく、

シンプルで控えめなタックが1本佇んでいる。

「え?maison de soil?」と口ずさみたくなるのも仕方ない。















フロントはボタンフライで、本格的。

ステッチワークにも気を配り、細やかで繊細な

普段のmaison de soil と比べると、ヨーロッパの

ミリタリー、ワークに見られるような、

程よいテンションのステッチが目に付き印象的です。















ウェストは、両サイドに付いたタブを引っ張り、

釦のとめる位置を変えることで、5~6cm程度の

アジャストが可能になる。

ウェスト下に引っ掛けて履くタイプであることを

考えると、十分な調整機能ではないでしょうか。

ベルトを使ってタックインしてみてもいい。















裾はリメイク風に断ち切りのデザイン。

もちろんステッチが落としてあるのでほつれません。


あくまでも同じ感性の中で、このようなスカートを

作ることで、ブランド全体の匂いはやや薄まる一方で、

スタイリングの幅は広がり、面白みは増す。





















我々も展示会場で、「え?」って

思ったのですが、、、

履いてもらったら素敵だったので。















程よいフレアラインがとても女性らしい。















しなやかなリネン素材ですが、綾織りというのが

気に入りました。

薄手のチノ素材のような感覚で履いていただけます。















リネンコットンのセーターの上に薄手のコットンパーカー。

3月はこの上にスプリングコートが必要ですが、

4月上旬ころはこんなスタイルです。

久しぶりに、提案したいパーカーにも出会いました。





















そしてブラック。

麻のブラックはかっこいい。















真っ白で心地いいふわふわの長袖Tシャツに合わせて。

春先は、きれいな色のカシミアストールが、

もう一度活躍します。















「え?」って思いながらもセレクトして良かった。

とても素敵なプレーンスカートです。

考えることも必要ですが、考え過ぎてもいけませんね。



西別府商店

ある日、突然現れた彼は、

店に入ってきた瞬間から、

なにやら特別な雰囲気を纏っていた。

ぐるっとお店を見て回って、

yasuhide ono のアクセサリーを手に取った彼は、

全身、傳(tutaee)の洋服に身を包んでいる。

身に着けた洋服は、馴染んでいるという範囲を通り越して、

ヴィンテージを超える風合いが漂っている。

自分でも不思議なくらいピンときた。

「はいいろオオカミか西別府商店のどちらかかな?」

思った通り、彼は西別府商店の西別府さんだった。















南青山にある彼のお店は、青山のキラキラした

ブランドショップのひしめく通りから少し入った、

ビルの少し奥まった一室にある。

はいいろオオカミのセレクトするロシアの骨董と、

西別府商店の花が一緒に販売される素敵な空間です。















この度、2月22日(木)からアナベルで始まる、

「SHIKITEN~式典~」に向けて、店内の装飾を

彼に依頼した。

いったいどんな装飾を施してくれるのか、、

今から楽しみで仕方がない。















そして、様々な式典の装いを提案することを目指した

今回の展示に向けて、生花を用いたコサージュも依頼した。

こちらも当日まで詳細は不明だが、10種類の見本を

作っていただき、オーダーを受けるシステム。

オーダーをいただいたコサージュは、必要なお日にちに

あわせて、手配いたします。

お値段は、およそ1500円~5000円程度です。




























ジャケットやワンピースに一つ付けるだけで、

鏡の前の装いが数段は、華やかに上がります。





















そして今回、式典の装いやコサージュは

必要がないという人にも、ぜひ西別府商店の

魅力を感じていただければと思い、

3月3日(土)の1日のみ限定で、西別府さんに在店していただき、

花束、スワッグ(3000円~で1本売りは行いません)の販売と、

ロシアの骨董花器、ゴルショークの販売とかねて、

ゴルショークへのアレンジメントの販売を行います。





















ロシア民芸の骨董花器、ゴルショークは、

我が家でも大活躍のお勧めの花器。

シンプルで骨董としての十分な味わいを備えた花器は、

西別府さんの作り出す、野性味のある素敵な

アレンジメントにとても良く似合う。















3月3日(土)ひなまつり。

素敵な季節のお花とともに、皆様のご来店をお待ちいたします。



2018年2月13日火曜日

ラフでタフ

カジュアルなおしゃれ着にとって、

「力の抜け具合」というのは、とても大切に感じます。

何もかもが本格志向のメンズギア的な洋服も

もちろん好きですし、さんざん着てきましたが、

とりわけ女性にお勧めすることを前提にした場合、

本格志向のもたらす重さやその少し野暮ったい雰囲気が、

邪魔に感じることもしばしばあるのは事実です。

本格志向を知りながら、どこをどうデザインするか。

彼らの作り出す洋服には、いい意味で

「洋服屋らしさ」に欠けた部分があり、

いい具合に力が抜けているのです。





















FIRMUM

高密度ナイロンクロスフードコート

サンド ¥29,500+tax















幅の広い比翼仕立てで、ここは本格感漂います。

ポケットは切り替えず、つまむ仕様。

ポケットのふくらみは、視覚的にもとても重要です。





















幅広比翼で本格ミリタリーな雰囲気を

漂わせながらのドーナツ釦。

少し意表を突かれます。
















そして裏はワーク、ミリタリーとは異なって、

奇麗なパイピング処理がなされます。















ポケットの内側には、ウェストのアジャスターが付き、

ウェストを絞って着ていただくこともできる。

ディテールはもちろん、バランスも面白い。

ドロップショルダーにもほどがあるくらい落ちた袖は、

短くて身頃とのバランスがなんだか可愛らしくもある。





















ワイドパンツに合わせて、コバルトブルー。















今はまだ寒いのですが、少し肌寒い春の穏やかな

風を防ぐにはちょうどいい。















ウェストを絞ると、雰囲気も少し変わっていいのです。















少しアクティビティーな要素もある洋服でありながら、

カジュアルでおしゃれな日常着。

きっとアウトドアブランドでは味わえない、

別な魅力を感じていただけることでしょう。





















ブラックはあえて、ワンウォッシュのジーンズに。















カバーソックスを履いたり、パンツを白や

ベージュに変えたなら、もう少し抜け感を感じるのでしょう。















今回はすごくメンズライクな色合わせ。

リュックなど背負いたくなる色合いです。





















ひざ下の細いテーパーパンツに、サンド。















安心感のあるカラーコーディネート。

春先は大判のストールなど巻いても素敵です。















靴とヨハンナの黒が利いています。

アナベルのセレクトで、最もこだわっている点、

それは相変わらず、

「シンプルは好き、当たり前は嫌い」

もちろん、やりすぎも苦手なのです。

このくらいが、ちょうどいい。

ラフに扱えて、タフ。

水洗いできて、楽。

つい、手がのびる。

そんなお洋服です。









2018年2月11日日曜日

靴が少しお得です。

変な題名のブログかな?

と思われたかもしれませんが、

そうではございません。

以前お取り扱いをしていた、カラフルな

VIELLE(ヴィエイユ)のスウェードのパンプスを

お値引きして販売しています。

サイズの合う方は、これからの季節にぜひ。





















VIELLE(ヴィエイユ)

カラースウェードパンプス

¥21,384(税込)→ ¥14,968(税込)

現在は製造されていないシリーズで、

今後の入荷もございませんので、在庫がある限りです。





















ゴートスキンのカラースウェードに、

配色でグログランテープのパイピングが施される。





















タイツでもソックスでも、カバーソックスでも。















ネイビー×シルバー サイズ35(22.5cm程度)のみ















パープル×シルバー サイズ36(23cm程度)
           サイズ37(23.5cm程)
           サイズ38(24cm程度)















グレー×パープル サイズ37(23.5程度)
          サイズ38(24cm程度)















イエロー×シルバー サイズ38(24cm程度)










































ayame のいつものカバーソックスに合わせて。

こちらは、グレー×パープルです。

現在お店に出ている商品を販売する場合、

¥21,384→¥12,830(税込)となります。


通信販売ご希望のお客様は、メールもしくは

お電話にてご注文が可能です。

また、アナベル通信販売ページにて、

他のお品物のご購入予定がある場合、その合計金額に

上乗せしてこちらも購入していただくことは可能です。

その場合、他の商品をまず決済していただき、

「靴も欲しい」というご希望を添えていただければ、

金額を後から調整いたします。



今日は温かい1日でしたが、妻の故郷新潟は、

決死の雪下ろし。。

北陸地方の方には、厳しい冬が続いておりますが、

ブログなど読みながら、そして日々更新される

通信販売ページのスタイリングに目を通しつつ、

春を感じていただけますと幸いです。















暮らしとおしゃれの編集室」の連載も更新されております。

あわせて、ぜひご覧ください。





2018年2月10日土曜日

試行錯誤

「いろいろ試行錯誤して、何日も、もしくは何年も

かけて試してみたのだけど、結局初めの地点に戻るということは

すごく多いんです。」

彼らは、その一見遠回りのようにも見える

思考の連続が、無駄に見えて必要だという。

それは、他の物事に置き換えても当てはまる、

一つの真理なのかもしれません。

長く続けていると、慣れてきてしまう。

新しい物事を生み出す人にとっては危険なことかもしれません。

そして、そんな話を聞いていると、

だから彼らは、ブランド名を「ゴーシュ」としたのかな?

そんな推測を楽しんでしまったりもするのです。

ずっと不器用でいることが、長年続けていく上では、

大きな武器になるのかもしれません。





















ゴーシュ

バーズアイデニムルーマニアパンツ

¥27,000+tax

ルーマニアの民族調パンツを縮小したデザインで、

前からはすっきり見え、後ろにちょっとした

アクセントが見られるのが特徴です。















ヒップサイドは大きな切り替えが施され、

いわゆるサルエルパンツのようなデザインですが、

切り替えを下に落とさず、ズボンの足の部分に

一体化してすっきる見えるようになっているのが特徴です。

おしりは少しふくらみが出るけど、サルエルのように、

下に大きく垂れ下がるようなことにはならない。





















畳むとこの通り、ヒップが出っ張ります。





















サイドシームがないので、ポケットは

切込みで施されます。





















素材は、たて糸がインディゴ糸。

よこ糸がブラック糸のドビー織で、

織上がりの表情が鳥の目に似ていることから、

バーズアイデニムと呼ばれています。

タテがインディゴですので、通常のジーンズと

似たような経年での色落ちが楽しみです。

製品で、バイオ洗い加工を施しておりますので、

多少の色落ちと、当たり感がすでに出ています。

履き始めて、強い移染はないかと思いますが、

水濡れや汗をかいた状態では起こりますので、

買った初年度はまめに洗濯して、色落ちを

安定させると、次シーズンからは気にならなくなると思います。

初年度は、白物への移染に気を付けてください。





















前から見ると、すっきりとした

少しゆとりのあるテーパーシルエット。















後ろはこのように、少し布地が余ったような感覚で、

ふくらみを帯びて、股下に逃げるような雰囲気です。

もちろん、生地に張りが残っていますので、

馴染むとふくらみは少なくなってきます。





















民族パンツを縮小するだけでは、

こんなにきれいで、かつ面白みのあるパンツは

出来上がらないと思いますので、徹底した彼らの

試行錯誤があったに違いありません。





















少し動いてみても、前から見たぶんには、

マチ布がチラッと垣間見える、きれいなシルエット。















色は、ブリーチデニムで、ライトブルーもございましたが、

アナベルでは、経年の色落ちも楽しめる、

こちらのネイビーだけをセレクトしています。















おしりのあたりが特徴であるにも関わらず、

このスタイリングではそれがいまいち伝わらない。。。

ということに、今更ながら気がついて、反省しています。















こちらがゴーシュのカタログ写真。

わかりづらいかな?

そのうち、別なスタイリングでも見せていこうとは思います。

ゴーシュの新作パンツから、

彼らの不器用だとも感じられる、

遠回りな試行錯誤を感じていただけますと幸いです。