2018年1月20日土曜日

まずは定番です。

アナベルらしさって何だろう?

何度考えても、、、

それはやはり「パンツスタイル」ということになる。

自身のワードローブをとってみても、

おびただしい量のパンツには、どうしたものかと頭を悩ませる。

見なかったことにして、また新しいパンツを買ってしまう。

たまに、昔のスタイリング写真やスタイル画を見直したりすると、

変わらないな、、と我ながら思うのが、そのバランスなのです。

素材感や色やボリューム感は、

もちろんファッションなので変わっているのですが、

全体のシルエットバランスやインナーとアウターの

高低差の付け方など、面白いくらい変わってないことに気がつきます。

そのスタイル画に、走り書きのように書いたパンツのブランド名で、

自社ブランドか?と言うほどたくさん登場する名前が、

「TRAVAIL MANUEL」(トラヴァイユマニュアル)

annabelle オープン当初から、そのスタイルのボトムス部分を

中心に支え続けてくれているブランドだ。





















TRAVAIL MANUEL

コンパクトチノバルーンパンツ

¥12,000+tax

ブランドからは年間定番として発売される。

秋冬も春夏も素材、色は変わらない。

春夏分が入荷しました。















もう4年販売していますが、バルーンパンツの

チノ素材の白は、実は初めてのお取り扱いです。















これから春先に向けて、寒いながら明るさを意識する季節。

秋冬素材を纏っても、色合いやシルエットで軽やかさが生まれます。















そして絶対定番カラーのカーキベージュ。

ロングとの合わせも、バランスが素敵です。















春の羽織物と合わせるところも、

難なく想像ができる。















シャツやブラウスをタックインしても素敵なのです。















ヒップ周りのボリュームは、

今でこそ見慣れた感はございますが、

初めて登場した時には驚かされたのを覚えています。















GASA*のウィンターリネンのローブコートを羽織ります。

色合いで印象は異なります。

こちらは、モノトーンでシックな印象に。


まずは、定番をあらためてご覧ください。


その他、以下のものが入荷しております。

TRAVAIL MANUEL コンパクトチノ2タックワイドパンツ

TRAVAIL MANUEL コンパクトチノシャムパンツ

HARVESTY(新規ブランド)サーカスパンツ

HARVESTY(新規ブランド)サーカスパンツデニム

HARVESTY(新規ブランド)サーカスキュロット

evam eva ベーシックコットン長袖T-シャツ

FIRMUM カツラギテーパーワイドパンツ

FIRMUM 高密度ナイロンジョッパーパンツ。

FIRMUM 高密度ナイロンフードコート

FIRMUM トロピカルウールUネックカットソー

FIRMUM トロピカルウールUネック6分袖カットソー

FIRMUM 変形ドットソックス


随時、撮影が終わったものから紹介を始めます。

まだまだ寒い日が続きますが、定番のボトムスは、

冬物と合わせても良いモノばかり。

そろそろ、頭半分、春物を意識しても良い季節です。



0 件のコメント:

コメントを投稿