2017年9月8日金曜日

秋の夜なべ

最近、方々からお店について質問されることもあり、

今一度、アナベルを作るときに記していた、

いろいろな言葉を拾ってみたりした。

やはり、グルグルと重要そうに記してあるのは、

「普遍性のあるスタイルの創造」なのだが、

もう一つ、目に付くフレーズがある。

「シンプルは好き。当たり前は嫌い。」

とても難しいが、とても重要だと今でも思う。

そして、お店を始めて5年が経ち、

あらためて自身の好みについて考えたときに浮かんだのが、

「スタイリッシュになりすぎると落ち着かない」

スタイリッシュになりすぎない、

素敵なワンピースのご紹介です。





















susuri ドナーワンピース

¥35,000+tax

ディープグリーン





















susuri といえば、ボタン。

連想ゲームならそう答えるくらい、

デザイナーの斎藤さんはボタンがお好き。

時には、いやがらせかと思うほどボタンが連なるデザインも。。















生地は、先染めのタイプライタークロス。

色はsusuriさんの別注カラーで他にはないお色目です。

タイプライタークロスというと、ものすごくシャカシャカ、

パリパリした印象の生地ですが、

こちらは、本当にタイプライター?と思うほどにしなやかです。

そして、フロントにはドロシーコートでお馴染みの隠しループが。





















釦と同じく、切り替えデザインの好きな斎藤さんの

デザインは、よく見ると本当に切り替えが多い。

年々複雑化しているような気もします。

今回も360度立体的に見えるよう、切り替えを駆使しています。





















そして、このワンピースで最も特徴的で、

最もらしさが出ているのが袖付けではないだろうか。

かなり肩を落として、ドロップショルダー気味に

袖までまっすぐいくのかと思いきや、

もう一度、袖の付けから肘にかけて、かなり膨らませて、

カフスは少し深いタックを2つ取り、大きめにテーパーをかけている。

とてもとても特徴的。















さらにこういうデザインに、共感します。

このくらいの着丈のワンピースに入れるスリットとしては、

面白いくらい短い。

これが、斎藤さんの「かっこつけすぎない」部分なのかな?

って思うと、共感せずにはいられないし、

なんだか、「ちょん」とした刻みが可愛らしく見えてくる。





















こちらは、ゴールド。

こちらも秋らしい、ニュアンスのあるイエローです。





















コットンのインナーを一枚着て、

レギンスやタイツは履かずにソックスで低めのヒールを。




























少しキュッと強めに締めた感じです。

まっすぐに向いた時の袖付けがやはり印象的。

クラシカルで、普通ではないシャツワンピースだと、

一目でわかる素敵な佇まい。















もちろんサイドポケット付き。

トップス部分がブラウジングするような感じで、

ベルトを結わいています。





















そしてひもベルトを緩めて、

後ろにもっていくとこうなります。

少しリラックス感のあるきれいなAラインワンピース。















この角度では、それがとっても際立ちます。

着方によって、印象が全く変わるワンピース。















さらに楽しいのは隠しループを使ったウェストさばき。

片側だけ、クシュっと布地を束ねるような形状に。

紐と隠しループによって生まれる、

魔法のようなアシンメトレー。





















また先ほどの、キュッと結わいた時とも違う、

タテに落ちるドレープラインが印象的です。















僕は、シャツワンピースほどデザインの難しいものは

ないのではないかと思っている。

だから、「シャツワンピース」というカテゴリーにおいては、

とりわけ、その他大勢にならないようなものを選び抜くように

心がけている。

susuri の斎藤さんは、際立ってシャツワンピースのデザインが、

得意なように見えてならない。

ドロシーシャツコートしかり、ヘムレンワンピースしかり。

シャツ好きの意地なのか。。





















さらに同じ形で、もうひと素材。

¥42,000+tax















南仏の田舎町を連想させる、ヴィンテージ調の花柄は、

susuri さんのオリジナルファブリック。





















甘くならない花柄をお探しの方、

おすすめです。

身生地は、コットンシルク素材で、滑らかなタッチ。

所持することで、毎年、秋が待ち遠しい季節になるかもしれません。





















こちらは少し大胆に、ワイドパンツにコーディネート。















足元のボリュームを軽いヒールで抑えてあげると、

小柄な人でも意外と癖になる組み合わせ。















ロングコートを羽織るような気分で着てみよう。


あらためて思う。

「シンプルで、当たり前ではないもの」

そういうものにこそ、後々、普遍性を感じるのかもしれない。


そんなことを考えていると、眠れなくなるのでやめましょう。




0 件のコメント:

コメントを投稿