2017年9月30日土曜日

散歩道を歩くように。

先日、妻と四谷三丁目に用事がてら出かけた帰り、

「雑司ヶ谷に行こう。」ということになった。

だいぶ以前に、行ったら臨時休業だったお店があるようだ。

散歩がてら向かったそのお店は、少し期待してはいたが、

またもや臨時休業。

スマフォを持たない僕は当然なのだが、

スマフォを持っているのに、そのお店の情報を

見ないで行ったほうが面白いと感じている妻は、

臨時休業の情報も見ていない。

偶然の出会いや、なかなか入れないお店へ何度も出向く

面白さは、大切にしたい。

2度あることは3度あるのか?

3度目の正直か?

楽しみが増えたと言えば増えた。

しかも、帰りに素敵なお店を発見し、おいしいコーヒーが飲めた。

洋服もやはり、考え過ぎず、直観的にバイイングするのが理想なのか。

最近はまた、そうすることを心がけている。





















NO CONTROL AIR

フィブリルツイル5分袖ワンピース

¥28,000+tax

表地と同じ布が裏地になり、2重になっている。

全く透けることなく着ていただける。





















コートの箱ポケットのようにおなかあたりに

付くポケットが、可愛らしく、便利でもある。





















相変わらず、天幅の小さい、

独特のVネックが特徴的です。















テンセルコットンをフィブリル加工することで、

柔らかい色彩を表現してくれる。

色合わせもしやすくなる。





















NO CONTROL AIR の裾ゴムパンツを

下に合わせて、タートルネックをインナーに。















モノトーンへの差し色は、やわらかくウォーム感のある

ワインレッドのソックスを。















テンセルコットンのツイルは、しっかりとした

ある程度の重さがあるが、着たら全く重さは感じないようだ。

かえって、きれいなドレープ感が嬉しいほど。





















ブラックはシンプルにタイツで。

インナーのブラックと比較するとわかりやすいが、

フェード感が出ることで、スタイリングもしやすくなる。















半袖と長袖のこのような重ね着をしたことがない人も

いるようだが、やり始めると難しいこともなく、

少しスタイリングの幅が広がるので、

何となく始めてみてはいかがでしょう。

「あわないなー。」と思ったら、

何となくやめればいいのです。

まずは手持ちで着て試してみて。















袖がいい具合に埋もれてくれる横姿。

嬉しく、美しい。





















ゴーシュの裾ゴムテーパーパンツにブルー。















フェード感のあるブルーは、少し紫がかった

ラベンダーのようにも見え、モノトーンと合わせることで、

優しくもピリッとしたかっこよさを印象付ける。

ブラックとはまた違うかっこよさを。















この日は強風の秋空。

コットンの大判ストールを巻いても何の違和感もない。


展示会でスッと手が伸びたワンピースは、

やはり実際に外で着てみても素晴らしい。

自然体で働く直感は大切したい。


0 件のコメント:

コメントを投稿