2017年9月9日土曜日

まるで素敵なプレゼント

アナベルを始める前は、ずっとメンズファッションに

携わっていたので、レディースではもはや世界標準語ともいえる、

「かわいい」については、リクガメのようなスピードで、

あの妻から教わることになるのであった。

以外にも独特の感性を持つ妻を観察することで、

我々のメンズでの経験や、わたくし個人が養ってきた感覚を

ミックスすることで、いい塩梅でアナベルは成り立っているように感じます。

「すごくかわいいけど、3cm長い。」

そう妻が言っていた素敵なスカートのご紹介です。





















ao(アオ)

ガーゼギャザーロングスカート

カスミ ¥18,500+tax

aoの商品は、新潟の糸魚川にある自社工場で、

生地から開発され、縫製まで行われている。

直営店を代官山に構え、全国にファンを持つ。

我が家でも、何年も前からao のパジャマやTシャツ、

アンダーウェアーなど、素肌に触れるものを中心に愛用している。

ガーゼを専門に扱うだけあって、とにかく肌触りがいい。















そんなao の心地良いガーゼ織のコットンが、

贅沢にも共布で2重になったロングスカートがこちらなのです。

ふわっとしながらも、秋冬用に作られた生地らしく、

わずかに微起毛したしっとりとした肌触り。

様々なアーティストやデザイナーとコラボレートするaoが

今回、パートナーに選んだのは、北海道のLIFE STYLE SHOP、

「SALT」(サルト)。

こちらは、ao とSALT の共同企画のスカートです。





















もう一色は藍色。

濃紺だが、青みを感じる濃色です。

制服の様にはならない、素敵な藍色。





















コットンテープをリボンベルトとしてあしらって、

ウェスト部分をとても女性らしくデザインした。

フリフリ感の強いリボンデザインや、

とてもガーリーな印象のお洋服を前にすると、逃げ出す妻も、

喜んで試着に応じてくれました。

これくらいの「かわいい」がちょうどいい。















ちゃんとウェストゴム部分から一段下がったところに

細いループを施してある。

タックインがより素敵に見えるし、

ベルト紐が上に抜けないし、上からTシャツ程度の

トップスを着ても響かない。

いろいろな配慮が感じ取れる。





















155cm の妻は長いと言いますが、

これはこれで素敵です。




























初秋にはもってこいの、evam eva のウールリネン

ニットとのコーディネート。

ちょっと袖まくりをしながらでも、

体を秋になじませていく。















たまに吹く心地よい風は、はっきりと夏のものとは

違うはず。





















FABRIQUE の定番ボーダーをタックイン。















ポケットは左側だけにございます。















これから始まるセーターの季節。

タートルネックのタックインもきっと良いに違いない。

ひざ下のロングスコートを合わせたり、

ショート丈のライダースを合わせたり。

想像の膨らむスカートです。

そして、このスカートには、とても密かに、

実はかわいいポイントがあるのです。















見えるでしょうか?

見えないか。















これはピコ割っていうのかな?

ウェストゴム部分の上下一周が、ピコミシンを

カットしたような、小さなギザギザレースになっています。

こんなかわいげなデザインの近くをリボンが走る。

まるで素敵なプレゼントのようなスカートなのです。




0 件のコメント:

コメントを投稿