2017年7月9日日曜日

セピア色の記憶

幼少期の写真などめったに見返すことなどないのだが、

不思議とはっきり覚えている写真は数枚ある。

もちろん、その時をリアルタイムには全く覚えていないのだが。

「昭和」という時代は、想像を絶するような激動の時代であり、

最も興味を惹かれる歴史が詰まった時代である。

貧しさから見える小さな幸せや光。

なんでも気合で挑む根性論。

ビートルズやツイッギーで始まる日本におけるファッションの歴史。

現在では、「昭和レトロ」という言葉でくくられる、家具やファッション。

昭和の生活には、不便だが本質的な見習うべき何かが見え隠れする。

当時、一度は否定されてなくなったものを、後世の人が拾い上げる。

共感できる部分を上手に拾い上げる。





















gasa grue 開襟ワンピース

cherry red ¥30,000+tax

ややハイウェストで、礼儀正しい襟元は、

どことなく懐かしい。





















少し大きめに開いた胸元と、

小さく女性らしい縦長の個性的なポケット。

ネックレスを忘れてはいけない。





















丁寧に仕立てられた額縁。

トラディショナルを重んじる、やや男性的な

モノづくりへの心理が垣間見える。















インドマドラスをオーバーダイすることで、

何とも絶妙な、甘さ控えめな素敵なピンクが誕生した。















長すぎず短すぎないこの丈は、

ラフなサンダルを合わせるよりも、

ソックスに革靴がとてもよく似合う。















ウェストに見える、アットランダムなようで

計算されているようにも見える小さなギャザーは、

軽快でリズミカルなミシンの音を想像させる。





















記憶の扉の奥にある、小さな引き出しに大切にしまわれた、

セピア色の写真に映る母のワンピースを、

思い起こしながら今の自分の感性と重ね合わせる。

そうしてまた、新しい時代が築かれてゆく。




0 件のコメント:

コメントを投稿