2017年4月7日金曜日

本質

「これがこうだったらいいのに。」

「もう少しこうなってたらな。」

デザイナーの個人的な趣味や世界観から生まれる

デザインも多いとは思うが、

日常のちょっとした思いつきから生まれる

デザインもあるはずだ。

これもそんな気がします。





















NO CONTROL AIR

Vネックブラウス ¥17,000(税抜)

キュプラコットンのカルゼ調の綾織りは、

ブランドの代名詞ともいえる素材です。















真っ白というより、ややミルキーでほのかにグレイッシュな

しっとりとした落ち着きのあるホワイト。

真っ白のカットソーに重ねてもいい具合。





















ブラック

相変わらず、少し変わったピッチで施された

白いボタンが際立ちます。















最初は少しとっつきづらい細い前端は、

上側の面積のほうが小さな変わったオリジナル釦も

手伝って、慣れてきたら大きな問題ではない。

それよりも、この細さにこだわりたかったのでしょう。





















襟や台襟はないが、本格的な剣ボロと

カフスは備えている。















ARTEPOVERA のリネンキュロットにホワイトを。

なんの工夫もなく、キュロットやスカートにおさまりのいい

シャツブラウスは、一着あるととても重宝する。















丈は短めで、裾もあまりラウンドしていない。

スッキリと合わせられる。















スノーデニムのワイドパンツにブラック。

今年はワイドパンツを履く人が昨年より増えている。

コンパクトなものが似合うワイドパンツは、

どうしてもカットソー、ニットが中心になる。

こんなブラスを持っていれば、

スタイリングバリエーションが増えるはず。















じつは、4シーズン連続してお取り扱いしているこの形。

始めてみたときの印象は、、

「Vネックのカーディガンみたい」

たぶん、デザインの原点はそこにある気がする。

「ピタッとしたカーディガンがピタッとしてなければもっといいのに」

「ニットじゃなくて、シャツ地で作ってみたらどうだろう?」

そんなシンプルな思いをデザインすることも重要なのでしょう。


「simple thinking→本質」



0 件のコメント:

コメントを投稿