2017年12月17日日曜日

悲しいようなラッキーのような。

妻が年間通して最も良く履いている靴は、

R.U. の「simon」というモデル。





















R.U.

simon black

¥48,000+tax





















white





















R.U. の中でも、多重構造のメダリオンと

いうこともあり、最も高額な 「simon」。

妻曰く、履き心地も格別だと。

































































































私物を履いています。





















走れるそうです。

遅いけど。

Bessや新作のJill 、Thea の陰で密かに淡々と

お勧めしてきたこの simon、実は今シーズンから

素材変更がなされ、それに伴い価格変更しています。


ゴートスキン ¥48,000 → カーフスキン ¥56,000

ずいぶん値上がりします。

モデル名はそのまま、「simon」。

当然、見た目は同じです。

もし、以前から気にされていたお客様がいらっしゃいましたら、

現状の素材と価格で購入できるのもわずかな期間です。

ぜひ、この機会にご検討ください。


<在庫>

ブラック 35、36、37、39 がございます。

ホワイト 36、37、38 がございます。


23.5cmの妻が、37を履いています。

ビルケンシュトックは数足所持していて、すべて37。

コンバースオールスターは、4Hでジャスト、

少しゆとりをもって5を履いています。

サイズの目安としてお考え下さい。

通信販売ご希望のお客様は、お電話かメールにて

ご連絡をお願いいたします。


2017年12月16日土曜日

冥利に尽きる

GASA*のその高いプロダクトは言うまでもない。

自身でファブリックのデザインから手掛け、布地を作る。

毎シーズン興味を引くテーマから生まれる洋服たちを

スタイリングするのも、デザイナー五十嵐さんだ。

目を向けると引き込まれそうなその世界は、

驚きと美しさに満ち溢れ、ファッションの重要性を教えてくれる。

一貫した「イズム」とも呼べる感性の中に、

毎回違う表情を見え隠れさせるGASA*というブランドは、

我々にとって、とてもセレクトのしがいのあるものである。

アナベルのスタイルの中に、どう取り入れるか?

もちろん、これだけ力(ちから)のあるブランドは、

そのイメージの中に、我々のほうがどう寄り添っていくかの

ほうが重要だったりもする。

それがまた楽しい。

洋服好きのサガなのか、着たい洋服に合わせたくなる。

GASA*もそう思わせる洋服なのだ。






















GASA*

Glimmer of  Light ”かすかな光”

キャミワンピース ¥68,000+tax

 



















昼夜織と呼ばれる2重構造の刺繍生地は、

フランスのドエリー刺繍からインスパイアされた。

切り替えは、断ち切りのデザインに。















背面で交差したサスペンダー仕様のデザインで、

サイドから大きく後ろまで続く大きなポケットは、

中心のヒモによるシャーリングも手伝って、

まるで白鳥のよう。。





















とても愛らしい後ろ姿。(洋服が)















天然の真珠で染めた、パール染め。

パールグレーに少しミントが入ったような、

美しくクールな色。















今、アナベルにはないのだけど、、

ダウンジャケットを着せたくなるワンピースです。





















GASA*

Glimmer of  light ”かすかな光”

テーラーコート ¥89,000+tax















ウェストラインからきれいに広がるそのシルエットは、

地上に舞い降りた美しい白鳥のよう。(洋服が)

裾のきれいなカッティングは、

どの角度から見ても美しいと感じるデザインだ。















『Swan  Lake』

湖水に浮かぶその姿は、白い白い雪のよう

触れると壊れてしまうのでないだろうか。。

     月の夜の出来事。


GASA* 2017AW シーズンテーマより






















フランスアンティークのドエリー刺繍に負けず、

アンティークとなる日が来るのでしょう。

GASA* のプロダクトは、モノつくりでの興味や好奇心、

ファッションとしての憧れや驚きや高揚感、

その両方を23年以上にもわたり貫き通してきたことで

感じられる、やはり凄味がある。

セレクトのしがいのあるブランドだ。

バイヤー冥利に尽きる。







2017年12月11日月曜日

意外性と安心感

少し視点を変えると新しく見えることがある。

一回りして新鮮に見えるものもある。

この素材、、スカートで見せられたら新鮮でした。





















maison de soil

シルクコットンキルトスカート

¥25,000 + tax





















コートやジャケットではよく見る

キルティングですが、こちらは中綿はなしで、

柔らかく、しなやかなキルティング。















しかも、表側は Silk100%、裏側はCotton100%。

一瞬、その光沢感にナイロンか、、と思ったが、

近寄って触ったら、ナイロンでないことがすぐにわかる。

まさかのシルクキルティング。















さらには、裏地も付いている。

裏地はボイルコットン素材です。





















色は2色展開です。

ブラック、オリーブカーキ。

気取らず、上品で、靴が合わせやすく、

ついたくさん登場しそうなスカートです。





















オリーブカーキ

サイズは2種類で、違いは丈だけです。

155cmの妻でSサイズですが、160cmまでの

方には、こちらのサイズが良さそうです。

165cm前後の方から、Mがお勧めです。















ロングスカートとして、ブーツや写真のような

革靴、スニーカーでもかっこいい。















キルティングの質感が、スタイリング全体の

メリハリを作ってくれる。















上からゴーシュのハイランドニットカーディガン。

途中から釦をはずして、スカートをのぞかせるのもいい。





















ブラック

こちらは、susuri のファーセーターを合わせてみる。















ヒールを合わせてみると、また違った印象です。















ポケットもございます。

そして、意外に多い質問は、ロングスートに

合わせるコートの丈感です。

時代によって、違いはありますが、裾が見えるのは

ここ数年、全く問題ないスタイリングかと思います。

色合わせなどは多少気にしたほうが良いかもしれませんが、

コートは濃色が多いことを考えると、気にするほどでもありません。















近日、ご紹介予定のHonnete のベルベットのコートを。

裾が少し見えますが、バランスは良いと思います。















キュッと結わいてみても素敵です。















さらに上から、少し個性的な筒型のショールを着てみては。

シルク100%のやわらかく、上質なスポンジ状のタッチが

特徴の傳(tutaee)のショール。

ストールとしても使えて、いいアクセントになってくれる。















ロングを合わせてもミドルを合わせても

ショートをあわせても、とてもいいアクセントになってくれる。

その意外性と安心感に、つい履いてしまいそうなスカートです。



暮らしとおしゃれの編集室

















暮らしとおしゃれの編集室」の第45回目の

連載が更新されております。

ぜひご覧ください。


annabelle


2017年12月10日日曜日

余白

自身、ものすごく気に入って何年も使っている

ストールがいくつかある。

中でも、アナベルの2人と妻が、

こぞって使い続けているストールがある。

つい先日、カバンに入れて取り出すときに、

カギに引っ掛けて気がつかず、、でかい穴をあけてしまった。















ないと困るので、最近ハマっている繕いで、

なんとか穴をふさいでみた。

特に男性陣2人は、考えられないほどのヘビーローテーションゆえ、

ないと困るのだ。















yourwear(ユアウェアー)

ベビーアルパカWOOL大判ストール

¥12,000+tax

とにかく気に入って使い続けているのだが、

「何がいい?」って聞かれると、

佐藤さん(yourwearの)に怒られるかもしれないが、

実は答えに困る。

「すごく温かい」

「すごくしっとりして心地いい」

「ベーシックで合わせやすい」

「毛羽は立つが、4年使ってもほとんど毛玉が出ない」

という良さは並べられるが、買ってみて使わなくなった

他のものとの明らかな違いは何だろう?

よくわからない。

でも大好きで手放せないことは間違いない。

たまに取り合いになるし、穴も開いたし、

一本買い足そうかとも思うのだ。





















僕自身、なんとなく買って、なんとなく

使っていたら4年経った、と言う感じだ。

そして、その良さを実感するまでの感覚は、

非常にじわじわとにじり寄るようなスピードなのだ。

噛めば噛むほど味の濃くなるガムがあったら、

きっと皆さん買うでしょう。

大げさに言えば、そんな感覚だ。

今シーズンは、1色完売し、

ライトグレーとフラックスの2色展開です。





















クルッとひと巻きで。















ホワイト~グレーのワントーンコーディネート。

優しく上品な印象に。





















今年すごく気に入っているのがこの巻き方。

片側を短くして、クルクルクルってやってまとめる感じ。

僕は結わいてしまうけど、これは下から通して抑えています。















カシミアのセーターに、ライトグレー。















なんだか軽快でかっこよくも見える。















ジャケットを着てこの巻き方。

少しスポーティーな雰囲気もある。
















風を通さないコートがあれば、首元をしっかり温めたい。





















こちらは、ネイビーのニットカーディガンに

あわせて、フラックス。

染色していない色味で、優しいライトベージュのような色。




























「どこが好き?」

これを書きながらも考える。

やはり、気の利いた言葉は出てこないのだが、

伝えなければならないポイントを思い出した。















一つは、この写真を拡大するとわかるのだが、

ストールの端っこが、「クルクル」となるタイプ。

全て額縁にすれば抑えられないこともないのだろうが、

実はもう一つの特性により、あえてこれを特徴とした

デザインとしている。















近くで見ると、このように編み目があれているように見える。

これは、天然のアルパカ繊維の特徴で、撚糸をする段階で、

羊毛と合わせる中で、アルパカだけが撚りをもとに戻そうと

する性質があるためだという。

こちらも、yourwear さんの方針で、自然なままに仕上げている。

これもあっての「クルクル」なのだ。





















佐藤さんの誠実で優しい人柄があってのこの商品だと

するならば、もしかすると、それが一番の特徴なのかもしれません。

モノには、作り手の人柄が見て取れます。

何も感じないモノもたくさんある世の中で、

何となく、そのモノの向こう側に、佐藤さんの

人柄を見ていたのかもしれません。

そして、アナベルでのお取り扱いをお願いしようと

考えていたある日、yourwear さんのホームページを見ていると、

ハッとする一文に目が留まる。



<以下は、yourwear のホームページの言葉>

yourwear は、秋冬のためのニットブランドです。

私の生まれ育った北東北は、一年の約半分、吐く息が凍ってしまうような

寒さと、薄いグレーの空に覆われる冬の季節です。

窓の外、ただただ降る雪を眺め、ストーブにぴったりと寄り添って

静かに過ごす時間の永いこと。。。

春の雪解けや、初夏の芽吹きを待ちこがれながら、

寒さの中でカシミアのセーターやハンドニットの柔らかなぬくもりに

包まれる冬の生活も、楽しく、美しく、豊かなものです。

yourwear は、「あなたの衣服」という意味。

着る人、使う人の個性を描ける、シンプルで余白のあるデザイン。

そんなニットで、温かな冬を過ごせたら、と思っています。


                      以上 yourwear ホームページより



僕は、この文面の最後の2行、「余白のあるデザイン」を

目にしたとき、使ってみて感じていた、

ボヤっとして言葉に表せない魅力を感じ取った気がしたのです。

使った人にしかわからない、なんと伝えていいのかわからない、

素朴で優しいその人なりの魅力を見つけていただけますと幸いです。

我々男性陣がお気に入りなだけに、男性へのプレゼントにもお勧めです。