2016年12月9日金曜日

寒がりさんへ

暑がりさんには、カシミアどころか羊毛もいらない。

冬にセーターをほとんど着ないという方もいる。

一方で、寒がりさんは大変だ。

着すぎると着ぶくれするし、着ないと寒いし。

今日は、寒いところへ出かけなくてはならなくなった、

可愛そうな寒がりさんが持つべき見方を紹介します。

とにかく温かいストールです。





















MANTAS EZCARAY(マンティス・エスカライ)

モヘア・ウール大判ストール

¥17,800(税抜)

1930年から続く、スペインの老舗ファクトリーが

作るモヘアのストールです。

アナベルではオープン当初から扱い続けている。















様々なモヘアを扱ってきたが、こちらのモヘアは、

納得のクウォリティ。

温かい。発色がいい。毛が抜けない。

もちろん、静電気が強く生じる冬は、毛が立つので、

口に近いところで巻いていると気になったりはしますが、

5年扱っていて、コートについて困るとか、

毛が抜けて、痩せるのが早いなど、、

聞いたことがない。

自分でも使っていて、大活躍している。





















中判ストール ¥13,800(税抜)

ネイビータータン

発色がきれいな青が印象的なタータンです。

若々しく、元気なイメージです。

掛けたり、垂らしたり、巻いて垂らしたり、

大きく巻いて付属のピンでとめたり。

服装に合わせて、いろいろ変えて使います。





















ワインレッドタータン

白にも似合う。

黒にも似合う。

グレーにも似合う。

そして、どの色に使ってもシックです。





















レッドタータン

まぶしいほどに、きれいな赤。

モスグリーンやオリーブ、カーキ系など、

メンズライクな装いにはとても似合います。

アナベルでは今回、その逆でスタイリングしていますが。。
















フリンジストール ¥8,800(税抜)

マフラーサイズで使い易いく、

太いフリンジがとても可愛らしい。





















カシミアのセーターに引っ掛ける。

まるでコートのような温かさ。















色もきれいで、フリンジは虹のよう。















首元でピンでとめると、なかなかのボリュームです。

軽いニットの軽いコートとモヘアのストール、

という組み合わせもありですね。





















こちらは、中判のネイビー。















トラッドな装いに似合います。















色合いもいい感じ。

カーキベージュのコートなどにも良さそうです。





















シックなワインレッド。















同系色のセーターに合わせました。















真冬になると家の中でもひざ掛けにしたりします。





















ブラック&チャコールにレッド。















コントラストの強い色使い。

絶対に印象付けたいときには有効です。

だいたい、色合いで覚えてもらえます。















ざっくりと洗いがかかったmaison de soil の上質なWOOL

素材が、コントラストの強い色遣いを中和してくれます。





















マフラーサイズは、フリンジがかわいらしい。















肩にかけたりはできないけど、

首元を温めるには十分な大きさです。















発色のいい、明るいシルバーグレーは、

白を基調とした冬のスタイリングに良く似合います。

逆に濃色に合わせると、とてもシャープな印象です。





















ネイビーは、コートの上から巻いてみました。















同系色でも、糸の発色が違ってスタイリングに

メリハリが出ます。















単体で見ると感じませんが、コートのネイビーと

並べると、少し華やかで明るいのがわかる。





















よそ行きなアオドレスのワンピースに垂らす。















垂らしたままコートを着たら、カーディガンを

着ているかのような温かさ。

襟端からちらっと見えるブルーもきれいでしょう。


寒がりさんへ。

一つあると、少し幸せな気分。

前に垂らして、ひざまで隠して、、

その上からロングコートを着てしまったら、

癖になる温かさ。

暑がりさんは、気分が悪くなるかもしれませんので、

マネしないでください。


0 件のコメント:

コメントを投稿