2016年12月24日土曜日

脇役

先日、久しぶりに一日お休みして、

子供2人と3人で買い物に出かけた。

きっかけは、上の娘のアウター問題。

「ママが買ってきたコートは、着ると寒い。」、と言い出した。

確かに暖かいフリしてペラペラだ。

さすがママ。

お店で試着した娘が、とてもいい質問をしてきた。

「この組み合わせが気に入ったけど、私はこの色合いに

似合うタイツを持ってない。何色を買ったらいいか?」

今日は、秋冬には重要な脇役となる、タイツをいくつか紹介します。

洋服を買うときに、タイツの色など気にしたこともない妻に履いてもらっています。















merijakuu 冷え取りシリーズ

シルクのタイツ

アナベルでは、定番で毎年扱っている。

春夏はレギンス。

秋冬はタイツ。

裏糸がシルク100%ですので、肌に触る部分はほぼシルク100%。

ある程度のテンションがあり、妻曰く、、

一般的なタイツより、少しストッキングよりな履き心地。

履いている感覚がないのが特徴的だという。















こちらは、妻が2年くらい履いているもの。

色はチャコールです。















¥4,600(税抜)















あらゆる色になじみやすいチャコールのタイツは、

素材違いで何足か持ってると重宝します。















enlille ~しずかなて~

こちらは、merijakuu の別ブランド。

merijakuu より、細番手の糸を使って、

より、大人のファッションシーンに対応した内容のブランド。

コットンベースで少しシルクが入っている。















¥4,900(税抜)

とってもリラックスした履き心地。

柔らかく、適度なフィット感が特徴的なリブ編みタイツ。















リブ編みのタイツに少し苦手意識のある妻だが、

これは気に入って履いている。















こちらは、やや濃い目のチャコールグレー。

ミディアムグレーより濃いグレーは、

色違いで、ブラックに近いものまで揃えていると便利です。















enlille ~ゆずりは~

同じく、エンリーレのコットンベースのタイツ。

こちらはリブ編みではなく、フラットな編地。

とても柔らかく、心地よいフィット感。

そして、他にはない絶妙な色合いが特徴です。















色名は、navyだが、かなりグレーに近い。

かなり近くで見て、ネイビーの糸がチラチラ入るのが確認できる。















おそらく、薄い色、濃い色、どちらでも対応できる色。





















自然光では、やはりネイビー感が出ているので、

ブルー系やネイビー系のお洋服にはとりわけ似合いそう。















FABRIQUE コットンリブタイツ

¥3,900(税抜)















こちらは、enlille の2つと比べると、

最もカジュアルで、厚みもある感じ。















薄い色のワンピースやスカートを少しフェミニンに

スタイリングしたい時に使います。















少しカジュアルダウンしたワンピーススタイルで。





















パテントシューズと相まって、

女の子感満載です。

一方、、、妻はこちらの使い方のほうが多いようです。















コットンパンツでのズボン下。

ライトグレーのソックスを履く感覚で、冬場は大活躍。





















足元と頭を温かく。















こちらは、同じくFABRIQUE のチャコール。

カジュアルなワンピーススタイルに良く履いている。




























































アナベルでは、秋冬もコットン素材のタイツが多い。

その理由は、、

長い時期使い易い。

毛玉にならない。

ズボン下に履いても熱すぎない。

もちろん、よほど気に入ったものがあったら、

当然、WOOL も扱う。

脇役にも気を配ると、オシャレの精度は上がります。


<年末の営業予定>

12月25日(日) 通常営業
12月26日(月) 通常営業
12月27日(火) ※19時で閉店します。
12月28日(水) 定休日
12月29日(木) 通常営業(年内最終営業)

1月3日(火) 初売福袋 通常営業
1月4日(水) 臨時営業

その後通常営業




0 件のコメント:

コメントを投稿