2016年12月16日金曜日

あったか過ぎなくていい

体の大きさを無視したかのような、

規格外のサイズ感や、デザインのお洋服を着ると、、

「おしゃれしてるな」って感じる。

ものすごいロングのコート。

ものすごい太いワイドパンツ。

ドレスのようなワンピース。

とにかくでっかいセーター。。





















NO CONTROL AIR 

ナチュラル ¥35,000(税抜)

ブリティッシュウールの3ゲージ。

ざっくりとした上に、デザイン性豊かな成型編み。

よくもまぁ、このゲージで作ろうと思ったな、、、

というほどにファッション性豊かなセーターです。















ブリティッシュウールですが、ふんわり、バルキーな仕上がりです。





















ブラックトップ

真っ黒より、少しチャコールグレーよりの

スミクロのような色味です。















着用した時に、アクセサリーのように際立つネック周り。

とにかく、作りたかったセーターだと思うので、

とにかく、着たい人が着れば良いのでしょう。















体の線を拾うことなく、その豊かなデザイン性が

前面に出る。















背面もセンターで分けてリンキングしているため、

ふくらみがきれいに出る。















大判のストールを巻いて、全体にオーバーサイズで

スタイリング。















何を上に着たらいいのか迷う人もいるかもしれないが、

全般にビッグサイズのコートが増えてきた昨今、

合わせやすいコートはきっといくらでもある。





















ブログでご紹介前に完売してしまったが、

このようなコートに合わせたり。。















スタンダードシルエットにパンプスを合わせれば、

とても女性らしいスタイリングに。















ゆったりデザインを生かして、少し肩を抜いてあげると、

より女性らしさが強調される。

大き目なブラスにも有効ですよ。















そして、上から今シーズンアナベルでは初めての

ご紹介となる、Honnete の名作、「Manteau」(マント)。

こちらは来週、改めてご紹介します。















オシャレなセーターには、おしゃれなマントを。

この撮影のあと、妻がつぶやく。

「このセーターさ、暑くて着てられないかと思ったけどさ、

そんなにあったかくなくていいね。」

相変わらず、小学生並みの語彙力で、誤解を招く妻。

体から少し離れたところで形をキープするからか、、

着る時期に困るような、セーターではないようだ。

「あったか過ぎなくていい。」


クリスマスに向けて、おしゃれを楽しもう。



0 件のコメント:

コメントを投稿