2016年11月1日火曜日

とっておき

Honnete のデザイナー内田さんは、

ドキッとするほど、センスが良い。

彼女独自の着こなしや、

いい意味でのアンバランスを携えている。

大好きなジャケットのご紹介です。





















Honnete

ベルベットマンダリンジャケット

ピューター ¥29,000(税抜)

中国の官僚の制服からインスパイアされた、

オリエンタルな雰囲気漂うジャケットです。

ただし、、

このジャケットには、「お、、そうか、そう着るのか。」

展示会でそう思ったデザインのディテールがあるのです。















素材は、毎回おなじみの英国の老舗ファブリックメーカー、

「Brith Ben Moss」(ブリス ベン モス)のコットンベルベット。

自信をもって、コットンでは、最上質のベルベットと言えるでしょう。





















ネイビー

そう、このジャケットがいいと思った、一番の理由は、

釦をすべて外して、パラッと羽織った姿が素敵だったから。

そして、このデザインを見ると、外して着るほうがスタンダード、、

と言わんばかりの隠しパッチポケットが出現する。





















釦を閉めると全く隠れて、機能を失う右側のポケット。

前を開けることで現れて、それがとても良いバランス。

開けて着るのがスタンダードで、閉めてもいい。

これはそういうジャケットです。





















今シーズン目にすることが増えてきた、

オリーブ系のカーキ。

ベルベットの陰影と光沢をもって、

カジュアルな印象が強いオリーブ系も、

とても、こっくりとした印象です。















丸っこいボタンをループで引っ掛けるタイプです。

着てもらって、一番に感じた印象は、

「ライダースみたい!」

ワイドパンツや冬のスカートに、とてもよく似合う。















ワイドパンツにネイビーを。

パラッと羽織った感じが素敵です。





















もちろん、前を閉めてもかっこいい。

少し印象が変わります。















インナーにはカシミアのニットを着ていますが、

一重のジャケットですので、これで真冬はしのげません。

この上から、裏付きの滑りのいいコートを着ればOKです。















このタートルの上から、、















ピューター。















この、前を開けて着る姿がはっきりと想像

できているからこその、両ポケット。





















開けて着るほうが、優先順位は高いはず。

でなければ、閉めると見えなくなるポケットは

わざわざ付けないだろうから。





















でも、閉めてもかわいい。















オリエンタルな雰囲気にmaison de soil のスカートが良く似合う。





















最後はオリーブ。

Honnete のWOOL ジャンパースカートの上に。

同じブランドどうし。

想像していたのはこのスタイリングかもしれません。















スヌードを垂らせば、結構暖かい。

11月はこれでOK。














とっておきのジャケットを着て、

秋を歩こう。




0 件のコメント:

コメントを投稿