2016年10月25日火曜日

ピュアな服

susuri のデザイナー斎藤さんは、

見た目に反してとても頑固で、面白いくらいに

強烈な偏りを持っているということが、

だんだん、うっすらと分かってきた。

セレクトやバイイングは、そうなってからが面白い。

もしかしたら、頑固という言葉よりも、

「ピュア」という言葉のほうが当てはまるかもしれない。

ご自身の抱くイメージに対して、とてもピュアにデザインする。

それがsusuri の大きな魅力の一つだと感じます。





















susuri

マカロニスカート ¥27,000(税抜)

ブラウン

ウェストをヒモでキューーっと結わくスカートだが、

ひもを延ばすと、四角いまっすぐな筒になる。





















この束になったウェストの布地がとても可愛いのだが、、

普通、こうは思わないだろうか?

「このままじゃタックインしかできない。」

「このイメージを出しながら、何かいい仕様はないか?」

「タックインしても、外に出してもいいように。」

実は、初めてsusuri のコレクションを見たときから、

そういった印象は、いたるところで感じていた。

そして、僕のような凡人には、それがどうにも引っかかっていた。

でも、何回もコレクションを見るうちに、

最近考えが変わってきた。

「こういう偏りがある人こそデザインナーであるべきだ」

そう思わせるほど、彼のデザインは魅力を増している。















とてもしっとりとした、この上なく心地いい

コットンコーデュロイ。

少し赤みを帯びた、きれいなブラウン。





















懐古的なコール天の香りはここにない。

ひとめで好きになった、柔らかいベージュ色。





















フランス映画で、祖母が身に着ける

年季の入ったエプロンのようなポケット。

右側だけに少しえばって付いている。















まるで、バニラアイスみたいなクリーム色。

ぜひタックインして、

susuri の思惑に乗せられてみてはいかがでしょう。





















リブタートルニットをタックイン。

タックインが様になるタートルはFABRIQUE のもの。

袖口のホールに親指を出して、ハンドウォーマーの

ように着るデザインがかわいらしく、実用的。















間をとったデザインになっていないので、

タックインがとても可愛らしいスカートに仕上がっている。















片側にだけつく大きなポケットも、抜群の存在感。















アウターはショート丈もいいけれど、

長い丈も良く似合う。

間に、ジレやベストを挟んだらきっと、もっと素敵でしょう。

想像が膨らむスカートです。





















maison de soil の光沢感のあるブラウスをタックイン。















バランスよく、少し個性的。

でも、やりすぎず、町になじむスタイリング。















シンプルな洋服を引き立たせる、素敵なスカートです。

今後も、偏りのある彼のデザインが楽しみです。




0 件のコメント:

コメントを投稿