2016年10月22日土曜日

そのわけは。

よく聞かれる質問の一つに、

「なぜ、たまプラーザなのか?」というのがある。

お店を開くときは、たくさんの偶然と自らの意志と、

自分ではどうにもならない、外部要因が絡み合い、

まさに運命のようなものに導かれて決まるものなので、

一言では説明が難しいのだが、間違いなく大きな要因の

一つとして挙げられるのが、ゴーシュというブランドの存在だ。

ブランドとお付き合いするときには、基本的なルールの一つに、

「バッティング」という問題がある。

気に入った場所があっても、近くでそのブランドのお取り扱いが

あると、扱えない場合もある。

僕の中で、ゴーシュをセレクトしないという選択肢は考えられなかった。

バッティングを考えながら探しているうちに、なんだかめんどくさくなって、、

思い切って都内から離れることにしたのだ。

彼らのまっすぐなモノつくりは、そのくらいの価値はある。





















ゴーシュ

ニュージーランドウールジャケット

ネイビー ¥45,000(税抜)

あまりにもネイビーがかっこよかったので、

ネイビーに絞らせていただいた。















ロイヤルネイビーのような明るめのネイビーと

グレー系の糸がまじりあった、珍しいネイビーのトップ素材。

素材も良いのだが、やはりゴーシュの作るジャケットは、

何度見てもかっこいい。

小さめの肩にもかかわらず、ストレスなく沿う、

ナチュラルショルダー。

サイバラ仕様の体に沿った美しいデザインに、

本格的な英国調の袖付けで、しっかりと確保された運動量。

ぴったりして見えるのに、動きやすい。

そして、時代に合った普遍性を感じる程度のファッション性。

今シーズンは、着丈が短めに設定されていて、

ワイドパンツやキュロットに、とても合わせやすい。

決してやりすぎない、現代のスタイルを意識した秀逸なデザイン。

洋服の知識など全くない、妻でさえ着ればわかる。

「なんでゴーシュの洋服はこんなにきれいで、着やすいの?」















ゴーシュのWOOLメルトンパンツに合わせてみた。





















もちろん、着丈が短めなので、

スカートにも似合うでしょう。















要所要所で必要になる、ちゃんとしたジャケット。

こちらは冬物としては、とてもお勧めです。














後ろ、横からみた背中のカーブもとてもきれい。

そして、何より太すぎず、細くない肘を少し前に振った、

かっこいい袖にほれぼれします。


カジュアルシーンで着られる、本格的なジャケットを

お探しの人には、とてもお勧めの一品です。


0 件のコメント:

コメントを投稿