2016年9月30日金曜日

My way

最近、あるミュージシャンの動画に見入り、あらためて思う。

「何者でもないことこそが重要でむつかしい。」

なんだか、自身が目標にしていたことを、

音楽ではあるが、見せられたような感触だ。

それも軽いタッチで、軽快に。

「こんな感じでしょ。」っていうくらいに。

いつまでも変化を恐れず、楽しんでいたい。





















GASA*

2WAYジャンパースカート

ベージュ ¥40,000(税抜)















ざっくりとしたWOOL とLINEN のビエラ素材は、

何年も着続けられたかのような、風合いと味わいを感じます。

そして、スカートの裾部分についたこのボタンが、2WAYの理由。

外すことで、スカートになり、つけることでサルエルになる。





















完全に着脱可能なサスペンダーは、

外せば通常のスカート、またはサルエルのように

楽しむこともできる。

また、外したサスペンダーは、サスペンダーボタンが

付いたパンツであれば、別なパンツにつけてみてもいい。





















ブラック

ウールリネンですので、やわらかいブラックです。















手書きのカリグラフィーからおこした独特な「g」マーク。

裾の下のほうによく見ると刺繍が施されている。


髪を伸ばしてみると言い始めた妻。

しばらくは、結わくことにしたそうです。





















ベージュをスカートで履いています。















えんじ色のウールのシャツをインナーに、

クッションのようなかわいい鞄を持って。















ざっくりしたシルエットにやさしい、カーブのついた

ポケット口。手を伸ばすとポケットが見つけやすい。















裾の釦をとめて、サルエル風に。

足をそろえても、確かに変化したのがわかります。















ブラックにモックネックのチャコールグレーのセーターを。

同トーンにして、シルエット自体を際立たせる。















釦をとめて、サルエルで。





















サスペンダーをおろしてスカートで。

脇のリボンも滑りが良くて、使いやすい。


年々、年は重ねてゆくけれど、

いつも変化を楽しんでいたい。

それが私の歩む道。

そう考える。

2WAYを履きながら。



0 件のコメント:

コメントを投稿