2016年9月13日火曜日

定番

テレビのCMでグル〇〇ミンが流れると、

子供たちがそろって言う。

「ママ、これ買ったほうがいいよ。」


そして、近年ダントツで妻が着続けた

お気に入りの洋服があるのだが、その生地違いが登場した。

僕も言いたい。

「これ買ったら?」





















Honnete

Vネック」ロングシャツカーディガン

ホワイト ¥25,000(税抜)

そう、夏はリネンでおなじみのHonnete の人気作。

妻は、去年の夏に買って以来、

これしか持っていない人のように着まくっている。

たぶん、妻がよく履くボトムスと、バランスがとりやすいからだろう。





















グレー

肩周辺のデザインバランスも気に入っているようだ。

開けても、閉めても鎖骨からバストまでのラインが

スッキリと華奢に見えて、いいようだ。















ボタンが2つというのが、やはりこのデザインの

最も秀逸なところ。

これによって、全体のシルエットが決定づけられる。





















ネイビー

ハンガーにかけても、実際に着ても感じる、

前端がスッと内側に逃げる感じ。。

これが、着たときのこなれ感につながっている。

デザイナーの内田さんも、ここが一番のお気に入りだと。





















脇にはポケットも付く。





















アズキ

生成りベージュ系や、オリーブ系と相性が良さそう。

冬の良い差し色になりそうです。















入荷した時はまだ暑かった。

ようやく、ちょうどいい気候になりつつある。















ロングシャツだと思って着てみると、、こんなに便利でおしゃれな

お洋服もなかなか珍しい、ということに気が付いてくる。















TRAVAIL MANUEL のサドルパンツに合わせてグレー。

前を閉めて、ロングシャツ風に。















季節に合わせてインナーを変えて。

後ろの長いところで、100cmだから、

100丈以上のコートを持っていれば、

年を越しての真冬にも着ていただける。















脇のポケットは、いつだって洋服に表情をつけてくれる。

ただモノをしまう場所ではないから。















カジュアルだけど、いつもより少しだけ

余所行きに仕上げたくなるネイビー。















着るのに、気恥ずかしさなんかいらない。

着ただけで、ちょっとおしゃれな気分。

着始めるとわかる、着回しの利く高い利便性。

そして、これ以上はなくていい、絶妙な「個性」。















生成りベージュベースにあずき色。

黒の靴は、色物を取り入れたときにの便利な引き締め役。















季節の変わり目になると話している気がするが、

広義での「定番」は、きっとリーバイスの501とか、

セントジェームスのバスクシャツとか、

グローバーオールのダッフルコートとか。

何年も何年もファッションシーンに君臨する、

変わりようのないトラディショナルなお洋服たち。


しかし、我々がお店で提案したいお洋服の中心は、

そういった広義での定番は知っているが、そうではなくて。。

個性があって、誰もが袖を通すようなお洋服ではないし、

そのお洋服を目にして、「定番」という言葉を発することは、

絶対になさそうな服だけど、、でも、

もっとパーソナルな意味で、ご来店いただいたお客様の

クローゼットで、5年、10年という単位で活躍するならば、

それは、その人のスタイルには欠かせない「定番」なのだろうと思える。

そんなお洋服を探しては、紹介したい。

今回のスタイリングで見られる、TRAVAIL MANUEL の

バルーンパンツやサドルパンツは長い人で4年は履いている。

今でもたくさんの人が履いてご来店してくださる。

そのほかにも、ベーシックではないが、長く愛用していただいている

お洋服がたくさん存在する。

「定番」とは、もっとパーソナルに考えるべき存在だと、、

そう思う5年目の秋。。



<お知らせ>

昨年、ご好評をいただいたアナベルのオリジナルコートは、

今年は発売いたしません。

楽しみにされていたお客様もいらっしゃるようですので、

お知らせいたします。

またいつか、モノつくりができる日が来ることを願います。










0 件のコメント:

コメントを投稿