2016年9月12日月曜日

例外中の例外

なんでも好きで、なんでも着こなせる人などいない。

必ず苦手にしているものはあるし、好みもある。

我々のようなセレクトショップでは、

その好みがはっきりしているほど、やりやすい。

入店していただいて、10秒で出て行かれる方がいる一方で、

初めて、ご来店いただいて何も購入する予定もなかったのに、

たくさんお買い物をしていただくこともある。

気に入る人も、興味のない人も、どちらの反応も

わかりやすいくらい、はっきりとしている。

そういうセレクトショップのバイイングは、

自身の好みをはっきりと持っていないとできない。

お店を始めて、、おそらくは唯一と言っていいと

思うのだが、自分の苦手な要素が多いにも関わらず、

はじめは、恐る恐るバイイングして、

気が付けば、毎シーズンオーダーするようになった

ワンピース? コート? がある。





















15(jyugo)

傳(tutaee)が展開する、もう一つのブランド。

コットンワンピースコート ¥24,000 + tax

当初、パッと見て苦手だったのは、

「丸襟の角度」と「細長いシルエット」

ただ、何か得体のしれない感覚にとらわれて、

「これは、販売してみたい。」という方向に傾いた。

今では、「丸襟の角度」と「細長いシルエット」が、

このお洋服に限り、好きになった。
















この日も、撮影しながら3人で言っていた。。

「これ、何がいいんだろうね。。」
















「よくわからないけど、可愛いよね。」

「でも、好みははっきりするだろうね。」















「そうなんだよね。」

「買う人のほとんどが、ひとめぼれ。」















「なんか、他人事じゃないんだよね。」

「自分たちのお店みたい。」

どこか、それぞれの根底にある説明不能な部分で、

共鳴しているのかもしれない。

例外中の例外として。。
















初めて、このワンピースをお店で販売した

シーズンの終わり、次シーズンの展示会で、傳さんを

訪れた際、デザイナーさんに、こうお話しした。

「気に入る方は、迷わずご購入してくださる。」

「皆さん、コートとしても着られるし、気に入っている。」

それに、対してのデザイナーさんの一言が面白かった。


「あれを、羽織で着るんですか?」

「へー、私もやってみよう。」

次のシーズンから、彼らもワンピースコートって言ってくれている。

今年も、例外中の例外として、入荷中です。

やはり、何度見ても魅力的なワンピースなのです。






0 件のコメント:

コメントを投稿