2016年8月14日日曜日

静かな湖畔の森の陰から
















西のほうから秋が訪れて何か言っている。

「もういいかい?」

東のほうでは、夏が立ち止まって何か言っている。

「まぁーだだよ。」
















雲行きの怪しげな中、

夏と秋は、結局手をつないで歩き始めた。

今はちょうどそんな季節でしょう。
















Honnete

イタリアンコットンストレッチ半袖ギャザーブラウス

アズキ ¥23,000+tax

世界的に有名な生地の一大産地である、イタリアのコモ地区。

スイスとの国境付近で、アルプスからのきれいな山水や大きな湖がある。

水のきれいなところには、良い生地メーカーが集まるものだ。
















このブラウスの生地は、そんなコモ地区でも

ナンバーワンのシャツ生地メーカー、「Albini社」のもの。

創業150年近くの老舗で、数多くのデザイナーの信頼を得ている。
















少しグレイッシュなネイビーの麻のズボンは、

秋仕様で、二重になっている。

アズキ色のブラウスと合わせて、秋色を楽しもう。
















残暑が厳しい晩夏初秋は、まだまだ日傘が活躍する。






















白を夏の装いで着てみよう。
















そう、、

立秋をとうに過ぎたとはいえ、、

まだ夏休み。

第二ボタンまで開けて、元気に夏のスタイリング。
















薄い麻のパンツにサンダルはいて、

丸められる帽子は、夏の旅行にも活躍する。
















まったく同じシャツで秋っぽく。

第一ボタンまで留めてみる。
















革靴を履いて、モノトーンな装いに。






















定番のネイビーは、

今時分、ホワイトパンツで軽くスタイリング。
















秋口には、カバーソックスで革靴が活躍する。
















ふんわりシルエットのブラウスも、

少しゆったり目のボトムスで簡単に着こなせる。


落ち着きのあるマットなグレーは、

ネイビーとブラックで、少し柔らかいモノトーンスタイル。
















帽子は、一つでいいから濃色を持っていると、

こんな季節にとても重宝します。






















夏と秋が仲良く手をとりあうと、

素敵な初秋を過ごせそう。


耳を澄ませば聞こえてくる。

静かな湖畔の森の陰から。































「もういいかい?」

















「まぁーだだよ。」















<おまけ>


















秋のお品物が続々入荷中です。

お問合せをたくさんいただいている、

ゴーシュの秋物につきましては、

8月17日の定休日に入荷予定です。

8月18日(木)から店頭販売いたします。

また、集中的にお問い合わせをいただいている、

「カツラギワイドパンツ」もそのタイミングでの

入荷を予定しております。



今シーズンもよろしくお願いいたします。



0 件のコメント:

コメントを投稿