2016年7月3日日曜日

ゆとり

いろいろな洋服に対峙して、

いろいろなスタイリングに挑戦すると、

オシャレがより楽しくなる。

それは、自身の中に物差しができるから。

そうなると、、

「どんな服が好きなの?」って聞かれると、

ちょっと困るはず。

系統で好みを分けていないから。

あるのは、自分の感覚的尺度だけ。

だから、細身だから好きなわけでもないし、

ゆったりしているから好きなわけでもない。

私の感覚に引っかかったから好きなのだ。

これは、ゆったりしています。






















TRAVAIL MANUEL

リネンレーヨンモモンガワンピース

¥16,000(税抜)
















まず、生地に惹かれた。

サラッとして清涼感があり、品もある。






















オリーブ
















そして、3色の色合いにも惹かれた。

夏の終わりから初秋にも使いやすい。

そして、このデザインにしてこの色が新鮮だった。






















ブリックブラウン
















赤みの強い、レンガ色のようなブラウンは、

夏のワンピースとしては、かなり新鮮に目に飛び込んできた。
















dansko に合わせて、ちょっとおめかし。
















体が埋もれるようなゆとりあるデザイン。
















フラットシューズでカジュアルに。
















身幅がすごいので、、

角度によって丈が長く見える。
















レーヨン効果か、、ドレープ感もあり

カジュアル過ぎない雰囲気が良い。
















少し個性的な夏の大人のワンピース。


系統やブランドではなく、

自身の尺度でおしゃれを楽しむようになると、

自分以外の人には、一貫性を感じないような

クローゼットになったりもする。

これも着て、これも着るの?

そう思うものもきっとあるでしょう。
















そのうち、何でも着こなせるゆとりも出てくるようです。

着たいと思ったものに、自分を近づける。

そんなゆとりも。。



0 件のコメント:

コメントを投稿