2016年5月13日金曜日

なかなかいいズボン。

アナベルのもっとも大きな特徴は、

女性のスタッフが現在も今までもいないこと。

「よくセレクトできるね。」って言われるけど、

自身は、全く違和感なし。

着てほしいもの。

着たら可愛いだろうもの。

着方を変えたら素敵そうなもの。

女性が目を付けないもの。

女性が見て、「着たい!」って思うものは、

きっとたくさんの女性がみんな一斉に

そう思うものだから、、

必然とどこにでもあるものになりかねない。

それともう一つの大きな特徴は、

たまに、無性に自分たちで作りたくなる。

それは、今までそういう仕事をしていたから。

思いつくものは多々あれど、

これは、作る意味があると思えるものは、

そうたくさんはない。

男性的な目線で、女性に着てもらいたいもの。

着たらいいのに、って思うもの。

万人受けはしないけど、確実に個性が出せるもの。

展示会を回ってみて、なかったもの。。

今回は、オリジナルでパンツをつくりました。






















annabelle オリジナルパンツ

NAKANAKA

¥16,000(税抜)

生成 

サイズは、S、M の2サイズ展開。
















釦は、本ナット釦。

素材は、すごく気に入った、平織の高密素材。

タイプライターほど華奢でもなく、

ダンプほどの厚みはない。

もちろん馬布のような堅さはなく、

しかしながら丈夫そうではある。






















全カラー、アナベルのオリジナルカラー。

こちらは、P下(ピーシタ)と言われる白地に、

生成りを製品染めした。

ポケットの閂(カンヌキ)は、チャコールで配色に。






















ピスタチオ

裾を絞れるようにしたので、

合わせる靴やトップスによって、

シルエットに変化をつけてもいい。






















ピスタチオにもチャコールの閂。






















カーボングリーン

普段から集めている生地の切れ端から

見つけたこの色は、

実はもっとグレーかと思っていた。
















でも、染め見本をつくってビックリ。

あまり見たことのない、グリーンとブルー系とグレーが

入り混じったような、絶妙な色合いに仕上がった。


妻をモデルにパターンを起こしているので、

レディース用ではありますが、

私は、身長170cm、体重60kgで Mをゆったり履いています。

見ている男性は少ないかもしれませんが、

やせ形な人は、Sでも十分履いていただけます。
















作るときにイメージしていたのは、こんな女性。

彼女のクローゼットには、シンプルな

シャツやブラウス、カットソーが多く、

ミリタリーラストの黒い革靴や古着を

スタイリングに取り入れたりする。
















ストーンとしたシルエットでパンプスにも良く似合う。
















生成りにブラックを合わせてモノトーンに時にカッコよく。
















全く絞らない状態で、155cmの妻が履いて、

地面から5cmちょっとは、浮く感じの丈感です。
















少し絞ってロールアップ。

足元はTorch のレザーシューズ。
















たまに、裾絞りはロールアップすると

ヒモが見えてしまうから、ロールアップしてはまずい。。

そう思っている人もいるようなのだが、

今回裾絞りにこだわったのは、

自身でよく履いていて、とても重宝していること。

そして何より、お店で裾絞りをロールアップしていると、

「そういうのが欲しい」

と言われることが多かったこと。
















わざと強めに絞って、クシュクシュさせても素敵です。

ワンピース×ダンスコの定番スタイルに。
















白いTシャツに白いカーデ。

オーソドックスなトップスにピスタチオ。
















シューズはR.U. のAnon。

女性には少ない、オーセンティックスタイルを

想定したパンツ。
















そして、自由度が高い。

たっぷりしたトップスには、裾絞りで。
















サンダルは全体を見せて軽快に。
















Honnete のマンダリンブラウスに同系色で。
















絞りを小さく、そして軽くロールアップ。

足元をパンプスにすると、大人っぽく、女性らしい。
















Honnete との丈のバランスもいい感じです。
















ストーンとワイドに落としてフラットシューズ。

トップスは、オーソドックスなサイズ感。
















ワンピーススタイルなら、大胆な色合わせも

チャレンジできる。
















真夏も履いていただける清涼感は意識しました。

3月くらいから~10月下旬まで、

履きたいだけ履いてほしい。
















3色の中でもっともメンズライク。

可愛らしい襟のブラウスも

どことなく、かっこいい。
















アナベル別注のHonnete のカーキとは、

もっとも相性がいいような気がする。
















ポカーンとしたサイズ感のギャザーブラウスも、

バランスがとりやすい。
















ベーシックなゴーシュの長袖T-シャツに。
















オーセンティックスタイルでありながら、

後姿に可愛らしさをすこし出している。

ゴムとギャザーを後だけ入れて、

ヒップをやや大きめにとることで、

ふくらみを持たせる。

あえて、後ろポケットはつけない。


作ってみたかったのは、

シンプルだけど、なかなかない。

なかなか女性は手に取らないけど、

履いてみるとなかなか素敵。

気が付くと、重要なボトムスの一つに。

それは、なかなかいいズボンに違いない。




0 件のコメント:

コメントを投稿