2016年4月28日木曜日

姉妹伴第八章~susuri 魔法のスカート

中国福建省に伝わる慣習である「姉妹伴」。

本来、他人である幼馴染数人が、

本当の姉妹のように寝食を共にし、固い絆で結ばれる。

その慣習に準え、我々にとって、

一つ上の姉のような存在のお店、

西荻窪のpoefu さんとの共同別注企画を

「姉妹伴」と呼んでいます。

独立の準備をしていた5年前の春。

オープンして、2か月ほどのpoefuを訪れ、

その感覚に触れた時、、身震いがした。

それから何度も何度も訪れ、

annabelle がオープンして1年間は、

もしかしたら妻より会話時間が長かったのでは?

そう思えるほどにいろいろなことを相談し、

お店初心者の僕に、たくさんの経験から、

素敵なアドバイスをしてくれた。

「姉妹伴=Honnete」 の印象が強い中、

昨年の秋冬に続き、susuri さんとの

共同別注企画、「姉妹伴」です。






















susuri 姉妹伴

バルーンマーチスカート ¥25,000(税抜)

white
















日本独自の染色方法、「東炊き」で染めた、

タイプライタークロス。

タイプライターのリボンの織組織をお手本にした

コットン素材で、その特徴は、しなやかで、

やわらかく、丈夫。そして、タテ糸本数が多いため、

斜めに伸縮性がある。

縫いづらいが、着心地はいい。

このタイプライターはドライタッチで、どちらかというと

春夏向きの素材ですが、裏付きですので、

どのお色も季節を問わず活躍します。






















pool

生地屋さんにsusuri さんが別注をかけた、

susuri のオリジナルカラー。

清涼感と落ち着いたモード感を併せ持つ、

青みの強いグレー。

グレイッシュなサックスと言ってもいい。
















「東炊き」の特徴は、鉄窯を使って、高温で何度も

時間をかけて染めること。

そのため、色は深く、味わいのあるものに、

表面的には、シュワシュワとした細やかな

品のあるシワがちりばめられる。






















carbon navy

ブラックに青みを足していったような、ネイビー。

とてもシックなお色です。

総裏で、コットンの裏地が付くのだが、

突合せで裏地を縫製するときに、ひねっている。

そのため、ただのバルーンが躍るような

マーチと化す。
















秋冬のものと比べ、生地のふくらみと

デザイン性が相まって、よりいっそうのマーチ感。


小躍りが得意な妻に着てもらいます。。
















白にベージュのサマーニット。

印象的なスカートはシンプルに着るのが定石です。






















ニュアンスのあるスカートが、

シンプルなお洋服を昇華してくれる。
















着慣れてきたら、ボリュームのある

Honnete のギャザーブラウスをタックインして着てみよう。






















ボリュームのあるトップスは、

場合によっては重く見えてしまう。

靴を軽やかに、帽子の色も軽くしています。
















いろいろスタイリングしていると気が付くこと。

それは、このスカートのバランスのとりやすさ。
















pool に真っ赤なHonneteのマンダリンブラウスを。






















ちょっとした角度や動きで表情が変わる。
















pool に白い靴、黄色いT-シャツでさわやかに。






















T-シャツを着ているだけでも

オシャレに見える。

頼もしいスカートです。






















後ろ丈の長いボレロも合わせやすい。
















色合いもシルエットも、、

シンプルな方がこのスカートが生きてくる。
















evam eva の素材感のいいリネンのサマーセーターを

シンプルにコーディネート。






















カバンはレザーバッグで大人っぽく。
















以外とスカートに合わせるのが難しい、

少し長めの丈のシャツ。






















タックインしてしまいがちな

ゴーシュのバタフライシャツも、

出したままでバランス良し。






















こんなにデザイン性のあるスカートなのに、

2つ目を欲しがる人が多いのもうなづける。
















poefu さんとsusuriさんの出会いから遅れること1年。

僕が初めてsusuri の斎藤さんとお会いしたのは、

2年前の初夏に差し掛かる雨の日の夜。

しかも場所は閉店後のpoefu 2階のfuga。

ただならぬセンスを感じる斎藤さんに、

その時、魔法をかけられたのかもしれません。

シンプルなお洋服を昇華してくれる魔法のような

スカートは、実は販売するのは3回目。

しかしながら、1年半前に見た時より、

じわじわと良くなってくるこの不思議な感じは何だろう。

susuri のコレクション全体に感じるフワッとした

掴みどころのない独創性。

それによって起こるのか、

それともやはり魔法にかけられたのか、

susuri のお洋服は、時間をかけて

じわじわと好きになっていくようだ。




0 件のコメント:

コメントを投稿