2016年4月16日土曜日

楽な素敵 ②

「保護者会の役員のさ、、

あのなかなか決まらない感じがさ、嫌なの。」

「だから、全部の役員に立候補した。」

ざっくりとした性格の妻は、

たまに男らしい。

勇んで出かけた保護者会の、

日にちを間違えていた。。

人生には、思い切りが必要だ。

ファッションにも必要だ。

いいことと、悪いことは平等に起こるというが、

たいてい、悪いことのほうが多い気がする。

だから、いいことが起こったときは、

必要以上に喜んだほうがいい。

自分のことも。

ひとのことも。

このHonnete の新作を着て、

妻は、「似合う!」と自画自賛していた。
















Honnete

マンダリンチュニック ¥23,000(税抜)

Dk. indigo

細身のパンツに少しきれい目に。
















長めの袖がかわいらしい。
















羽織りもののように、ショールを羽織る。
















ストライプのパンツにカーキ。

IMAYIN のバッグでオリエンタルな雰囲気を。
















歴代のHonnete の中でもっともスリムながら、

バストで130cmはございます。

袖の切り替えで肘上あたりから、細くすることで、

全体の印象をすっきり見せます。
















インナーにボーダーT-シャツを合わせて、

カジュアルな印象でブラック。
















裾の脇には10cmくらいのスリットが入る。
















ブラック×レッドでオリエンタルな色合いに。
















発色のいい朱赤を黒で引き締めることで、

グッと大人っぽい印象に。
















白のワイドパンツにフロストグレー。

白のワントーンは、おしゃれ度アップです。
















袖丈は長めの設定なので、袖まくりでもいい感じ。

白のワントーンスタイルに、気恥ずかしさを

感じる人は、積極的に袖まくり。パンツのロールアップを。

肌が出ていたほうが安心感が増してきます。
















最後に赤のストールで締めましょう。


ファッションは思い切りよく楽しもう。

ちょっと似合うかも?って思ったら、

声に出して言ってみればいい。

「似合うかも。」



0 件のコメント:

コメントを投稿