2016年3月24日木曜日

やや装飾的なファッションが、

日常的であった1920年代初頭、

黒一色でなんの装飾もないすっきりとした

着心地の良い日常着を世に広めることで、

一躍トップデザイナーとなったココ・シャネル。

それから100年が経とうとしている今、

ライフスタイルの変化とともに、

「日常着」への評価が高まり、

それ以外の領域でのファッションは、

なかなか受け入れられない現実もある。


先日訪れた来秋冬のGASA* の展示会では、

洋服を好きになり始めた頃の気持ちが、

大きな足音を響かせながら、自身の奥のほうから

やってきて、、

「お前、これを紹介しないでどうする?」

って囁いたようだ。

今日は、春のワンピースのご紹介です。






















GASA* 

リネンキャンバスカシュクールワンピース

ライトブラウン ¥46,000(税抜)
















ざっくりとした打ち込みのいいリネン素材。

エドウィンのカーハートを思い起こさせる、

鮮やかながら、しっくりとファッションになじみ、

飽きのこない素敵な色合いです。






















ライトグリーン
















GASA* の魅力は、美しく繊細な部分が際立つが、

コレクション全体を見渡した時の、とてもメンズライクな、

質実剛健とした素材作りがポイントだ。

しなやかなデザインのワンピースに、

まるでWORKブランドのような、0番ステッチが効いている。






















インクブラック
















青みのある、やわらかいブラック。

チャコールグレーといっても良い。

持つととても重みを感じるこのワンピース。

着ると全く重さを感じないそうだ。
















ファッションは、自己表現の一つであってほしい。

「類は友を呼ぶ」

が、最高のセレクトショップであってほしい。






















ざっくりとした丈夫そうなリネンから

繰り出すドレープがとても素敵です。
















一重ですが、全く透けはございません。

気にせず、一枚で涼しく長く、お楽しみください。
















ブラウスにスカートというスタイリングの上から羽織る。






















内掛けも含めて4本あるヒモを

同時に結わいて羽織る。

これがなんだかかっこいい。
















ポケットはないのですが、

羽織りものとしても活躍しそうです。
















インクブラックは、パンツスタイルに。






















オリエンタルでスタイリッシュな春の装いを。
















GASA* のお洋服は、とてもとても自然体。

上手にごまかしてもいないし、無理もしていない。

天然の草木染が多く、「変色」がつきものだが、

それすらも楽しんでほしいと願っている。


似たようなものが並ぶ街中を抜けて、

GASA*のコレクションをのぞいてみると、

洋服を着る楽しさを思い起こす。

何をするにも大切な、初心という光を放つ。

それはあまりにも無垢で、、否定しがたい。

だから、おすすめしなくてはならない、

大切なブランドの一つなのです。



※こちらのワンピースは草木染ではありません。





0 件のコメント:

コメントを投稿