2016年3月14日月曜日

全力から挑戦

いつも持ち歩いている万年筆は、

父が他界した際に譲り受けたもの。

1本は普段からよく使っているが、

2本は、当時の革のケースに入ったまま。

命日が近づくと、それを眺めながらいつも思っていた。

なぜ最後に交わした言葉が、

あんなにもくだらない言い争いだったのかと。。

当時高校生だった僕には、

後悔の念しかなかったのだが、

最近になって少し考えが変わった。

どんなにくだらないことでも、

最後に交わした言葉が本音であったことが喜ばしい。


「自分がおすすめしたいと思ったものだけを販売する。」

そんなごく当たり前のお店をやりたかった。

「そんなの無理だ。」と言われたり、

「今はやめとけ。」って言われながら、

西荻窪のpoefu さんに入り浸って、勇気をもらっていた。


逃げてしまいたいくらい辛いことのほうが多かった2年間も、

度を超えて気に入ってくれて、何度も足を運んでくれる

少数派のお客様に心が救われた。

なんとか続けなければ、、と思った3年目。

「必死」という言葉がぴったりな年だった。

必死な年が終わり、ふと前職の社長に昔言われた

ことを思い出す。

「頼まれているうちが花。」

「頼まれたら、できない理由を探す前に、

やってみますって言ってみろ。」

いい言葉だと思う。

いろいろなことを同時に考えながら、

とにかく全力だった4年目も、3月8日で無事終わりました。


































これまで支えていただいた大切なお客様皆様に、

心より感謝申し上げます。

5年を完結するこの一年間を大切に考え、

いろいろなことに挑戦していきたい今年。

















「春はほのぼの展」と題し、アナベルで普段

お取り扱いのない3人の女性作家さんを

お招きし、挑戦の第一歩とさせていただきます。

















期間:3月17日(木)~22日(火)

場所:annabelle 店内

ご紹介する人

森田千晶(もりたちあき) 和紙作家

園田明子(そのだあきこ) 革作家

水野久美子(みずのくみこ) アクセサリー作家


これからも小さく輝けるお店を目指し、

進んでゆきます。

ちょうど17日からは、ほのぼのとした陽気。

ぜひ、皆さまお誘いあわせの上、お運びください。



annabelle



0 件のコメント:

コメントを投稿